自覚なしほど怖いものはない

「自分は大丈夫」と自信満々なあなた。その自信の根拠が、「なんの自覚症状もないから」というだけなら、ちょっと待って。血液の汚れに気づいていないだけかもしれません。

「健康への過信」で生活が乱れていないか?

ここで登場してもらった十人の方々は、決して特別な存在ではないでしょう。

あなたも、どこか似たところがあるのでは? 同じような症状をかかえている人、暮らし方に共通点がある人は、たとえ健康診断では「異常なし」でも、数値には現れない血液の変化がありそうです。

血液の状態を悪化させるのは、病気だけではありません。ふだんの生活のしかたが大きく影響していることは、10人の例をみればあきらかです。

「不快症状なんてない」と感じている人も、要注意です。不快症状が慢性化してしまうと、「こんなものさ」と気にならなくなってしまう人もいます。また、血液の状態がわるくても、あまり不快症状を感じない人もいます。健康を過信して生活が乱れていませんか? あるいは「検査なんて受けなくても大丈夫」と思っていませんか? 自覚症状のあるなしにかかわらず、血液の汚れは思わぬ病気を引き起こすもとになってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です