「便秘」のとき血液の状態はどうなっているのか

(32歳OLの場合)
子どものころから便秘ぎみでしたが、ここ数年、かなりひどくなっていて、下剤を使わないと出ない状態です。薬を飲むと下痢便になってしまうのですが、飲まないといっこうに出ないので、しかたなく使い続けています。あまり野菜が好きじゃなくて、それが原因かと思っていますが、なかなか改善できません。

大腸機能の低下で赤血球に変化があらわれる

がんこな便秘、薬による下痢便をくり返しているという32歳OL方のの血液をチェックしてみました。すると、通常は丸い形をした赤血球が、レモン型に変化しているのが目につきました。
また、凝固血液をみてみると、中央部に黒いかたまりが現れています。いずれも、大腸の働きが低下しているときに出やすい状態です。
便秘・下痢といった便通異常は、大腸機能の低下によって起こってきます。腸内に棲息している腸内細菌のうち、大腸機能をアップしてくれる善玉菌を増やすことが、改善のための第一歩といえます。
野菜が苦手なら豆やイモを増やしてカバーする、水分を十分にとるなど、できるところから食生活を変えてみるとよいでしょう。また、朝食後の排便を習慣づけるなど、生活リズムを整えることも必要です。

大腸の働きが低下している腸の血液の状態

レモン型赤血球

胃や大腸の機能が低下していて、消化・吸収に乱れが生じていたり、たんばく質をとりすぎていると、赤血球の細胞膜が互いにくっつきやすくなり、形にゆがみが生じてくる。この状態が進行すると、赤血球どうしがべったりくっつき、ドロドロ血液のもとになります。

中央部に黒いかたまりができる場合は、凝固血で大腸の機能障害、肛門周囲の病気がある場合に出やすくなります。

改善のポイント

  • ヨーグルトなど、乳酸菌を含む食品を毎日とる
  • 野菜、豆、イモなどを十分にとって、食物繊維の補給
  • 梅干し、柑橘類など、大腸の動きを促すクエン酸の摂取を心がける
  • 肉、卵など、たんばく質をとりすぎているようなら、これを控える

生活改善ですぐに便秘が改善される場合は、いいのですが、根気よく食習慣や生活習慣を変える努力が必要です。そんなときは、下剤を使うのではなくイサゴールなどがおすすめです。

生きた状態の血液をる最新の検査ができる

血液検査の結果といえば、むずかしそうな検査の名前と、細かな数字がずらっと並んだものがおなじみ。でも、あなたの今、現在の血液の状態がひと目でわかるそんな検査方法も登場しています。

数値」ではなく、目でみて判断できる検査

ブラッドフォード末梢血液評価(BPBA )は、指先からほんの数滴、血液をとり、それを専用の顕微鏡で観察するだけというごく簡単な検査ですが、血液成分のようすから、栄養状態や免疫システムの状態などを把握できる注目の検査法です。

「病気」と「健康」の中間点、「未病(病的とはいえないが、健康ともいえない状態)」を探るのに、絶好の方法といえます。

一般的な血液検査では、基準値の範囲内であれば、「異常なし」となります。日常のなかで感じる「ちょっとした不快症状」は「異常なし」と判断される場合が少なくありません。しかし、不快症状があれば、血液にはなんらかの変化が起こっている可能性があります。

逆に、血液の状態がわるければ、放っておくと、やがて不快症状が起きたり、通常の血液検査で「病的」と判断される程度にまで、血液の状態が悪化していくゎそれもあります。実際に、目の前で自分の血液の状態をみることで、「生活を変えなくては」という気持ちになってくるのも、この検査法のメリットのひとつです。

ブラッドフォード抹消血液評価(BPBA)の2つの方法

LBA(生きた血液評価)

指先から採取した直後の血液の状態をみます。赤血球や白血球などの血液成分や、血液中に漂うプラークなどを、いわば「生きた状態」のままで観察する方法です。
丸みを帯びているはずの赤血球が、いびつな形をしてくっつきあっているなどの状態を診て医師はこれをヒントに、身体機能を改善する方向性を検討します。

HLB(凝固血液評価)

指先から採取した血液を、数分問放置します。凝固した状態の血液をみることで、比較的長期的、慢性的な身体機能状態を評価する方法です。
栄養成分が細胞レベルまで届いているかどうか、病原体などに感染していないか、からだのサビは進んでいないかなど、短時間で判断できます。

末梢血液評価の手順

  1. 先に細い針を刺して、血液を採取する
  2. 採取した血液をプレパラートにとる
  3. 特殊な顕微鏡で拡大
  4. モニターで確認し、目の前で医師のアドバイスをもらう

血液はそれぞれの「全身情報」をもっている

血液は、からだの連絡係。血液のようすをみれば、全身の臓器や組織がどんな状態かわかります。血液には、あなたの全身情報が、鏡のように映しだされているのです。

血液検査は健康状態を知る絶好の指標

病気の有無を調べたり、状態をみるのに、かならずといってよいほどおこなわれるのが血液検査です。からだのどこかに異変が生じれば、血液成分にも影響が現れます。

逆にいえば、血液の成分を分析していくと、どこが、どんな状態になっているのか、推測できるわけです。調子がわるいからといって、いちいち、からだにメスを入れるわけにはいきません。
まして、予防のためにからだの状態を知りたいときにはなおさらです。そんなときに、血液は有用な情報をくれる絶好の指標となります。

健康診断などでおこなわれる一般の血液検査は、注射針で10~20mlほどの血液を採取し、その状態を分析しています。血液検査の項目には、いろいろな名称のものが並んでいます。

血球以外の項目は、みな血清に含まれる、微量の成分です。その成分が、多すぎる、あるいは少なすぎる状態ではないかを調べて、健康状態をみているのです。

血液は個性のひとつ

健康状態とは関係ありませんが、血球には、それぞれ特有の型があります。これを血液型といいます。性格占いでおなじみのABO 血液型以外にも、さまざまな分類があり、完全に一致する人は一卵性双生児どうししかない、といわれるほど。
その意味で血液型は一人ひとりのもつ「個性」といえます。血液型と性格の関連を裏づける医学的な研究結果はありませんが、血液に似た部分が多ければ、どこか血液以外にも似たところがでてくると考え方自体は、あながち的外れではないのかも しれ ません。

ガンの有無も血液検査でわかる

血液検査では、腫瘍マーカーとよばれる特定の物質の有無、量の多さなどを調べる場合もあります。これは、がん細胞がつくりだす成分で、大腸ガンならCEAが脾臓がんはCA19-9、卵巣がんはCA125が、前立腺がんはPAPが増えるといった特徴を利用してがんの有無を血液から推測するのです。
確実に診断するためには、やはり組織を切って調べる必要がありますが、がんの疑いが濃厚なときや、手術後、再発の可能性を探るときなどに、便利な検査です。

男女の違いは血液にもあらわれる

身体的な特徴は男性と女性で異なります。では血液に性差はあるのでしょうか?答えはYesです。

女性ホルモンはコレステロールを減らす

男性と女性の血液は、月経のある年齢層で遠いが大きくなります。この年齢層の女性は、貧血に悩む人が少なくありません。

女性の場合、男性よりもともと赤血球の数が少ないうえに、月経や妊娠、出産、授乳など、赤血球をつくる材料を減らす機会が多くなるためです。
鉄不足の治療はこちら。
一方、男性は、女性より低年齢で動脈硬化が進みやすい傾向があります。かたよった食事、喫煙、ストレスなど、血液を汚す要因は、男性も女性も同じですが、女性の場合、血液中を流れる女性ホルモン(エストロゲン)にコレステロールを減らす働きがあるため、動脈硬化が進みにくいのです。

ただし、この「血液のお掃除役」がいるのも閉経まで。更年期以降の女性はエストロゲンの量が激減するため、それまで以上に「血液のきれいさ」を保つように心がけないと、急激に動脈硬化を進めてしまうことになりかねません。このように男女の血液には遣いがあるものの、「きれいかどうか」は、性差より個人差、つまり暮らし方の差のほうが、ずっと大きく影響します。

流れにくい血液は血圧を上げる

血管を傷める要因のひとつに、血圧の高さがあります。じつは血液の状態は、血圧にも影響を与えています。

高血圧は血管を傷める大きな要因に

心臓から一定の力で勢いよく押し出されなければ、血液は全身のすみずみにまで届きません。流れ出た血液が、動脈の血管壁に与える圧力が「血圧」です。

血圧は「上が130mmHG、下が70mmHG」など、「上」「下」でいわれることがあります。上というのは収縮期血圧(最大血圧)、下は拡張期血圧(最小血圧)のこと。
つまり、心臓がぎゅっと縮まって血液が押し出された瞬間の血圧と、心臓が広がってもっとも圧力が下がった状態の血圧のことです。

血圧を上げる要因はいろいろありますが、血液の汚れも要因のひとつ。汚れてネバネバしていると、血液が流れにくくなるために、より強い力を加えなければならないからです。

高血圧になると、血管にも大きな負担がかかるようになります。血管の老化を進める大きな要因になってしまい、やがては破れたり詰まったりすることになりかねないのです。

血液のネバリ度

タンパク質や脂肪、糖質などを過剰に摂取すると、赤血球が重なったり、プラークやコレステロールのかたまりがが浮遊したりして血液がねばねばしてきます。そうなると、血液が血管を流れにくくなり、血圧が上昇します。

循環量の増減

血管全体を流れる血液の量が多いと、血管壁にかかる圧力が高くなります。逆に流れる血液量が少ないと血管の壁にかかる圧力は下がります。

血管の広がりやすさ

血液が勢いよく流れてきてもしなやかな血管ならパッと広がるため、圧力を吸収します。しかし、血管がかたくなっていたり血管壁が厚くなっていたりすると広がりにくく血液の勢いが血管壁を直撃するため血圧が高くなります。

ストレス

ストレスは血圧を上げる大きな要因です。ストレスを受けると自律神経の作用によって心臓の働きが激しくなる一方で血管がぎゅっと縮まるため血圧が上がってしまいます。
【体験談】頑固でなかなか下がらなかった血圧がL-シトルリンで正常化

血圧は低いほどいいのか?

高いのはタメ。でも、血圧は低いほどよいというわけでもありません。低血圧は不快な症状のもとになることがあるからです。人によって、症状の種頬や程度はまちまちですが、疲れやすい、意欲がわかない、寝覚めがわるい、

頭痛、肩こり、立くらみ、手足の冷え、便秘など、日常生活が楽しくなくなるような症状が目立つのが特徴です。低血圧の原因がはっきりしない場合には、血圧を上げる治療はおこなわれないのが一般的です。現れた症状ごとに、その改善をはかる治療をしていきます。

気づかないうちに老化がすすむ血管

「人間は血管から老いる」といわれますますます。血液が汚れた状態が続けば血管の老化は進んでいくことになります。

汚れた血液は血管の老化を進めていく

血液のスムーズな流れには、血管のしなやかさが必要です。動脈がぎゅっと縮んだり、広がったりすることで、血液の流れは調整されているからです。

しかし、加齢とともに血管の弾力性は失われていきます。食生活の乱れや運動不足、喫煙、過剰なストレス、肥満、高血圧、高血糖などで血液が汚れた状態が続くと、実年齢以上に血管は老化していきます。

血管が老化した状態のひとつが動脈硬化です。太い動脈の壁に血液中のあまったコレステロールなどがたまり、血液が流れにくくなるのです。

細い動脈の場合は動脈壁が全体的に厚くかたくなっていきます。逆に、血管の材料になるコレステロールが少なすぎれば、破れやすい状態にになります。
総コレステロールや悪玉コレステロールを自然素材で下げる「コレステ生活」

これもまた、血管が老化した状態といえます。血管の老化は、気づかぬうちに始まっています。老化防止に大事なのは血液の状態をよくすること。こまった事態が起こる前に、血液をきれいにしておきましょう。
普段の暮らしで「血液の汚れ」サインがでているかもしれません

子供のうちからきれいな血液を維持する

しなやかで丈夫な血管は、材料が十分になければできません。血管をつくる材料はたんばく質や脂質です。脂質の一種、コレステロールも、血管にとってなくてはならない材料のひとつなのです。
とくに成長期の栄養不良は、のちのちまで影響します。子どもにこそ、しっかりバランスのとれた食事をさせてあげてください。もちろん、必要な材料も、とりすぎれば血液・血管を汚すもとになるのは子どもも大人も同じです。

ファストフード、菓子類などのとりすぎで、若いうちから血管だけがどんどん老化してしまう、なんてことも。きれいな血液・血管づくりは、老若男女に共通する課題です。
ドロドロ血液を防ぐ生活習慣・食習慣

老いるというのはしなやかを失うこと

血管の老いを進める要因は、血液の汚れをまねくもとでもあります。血管の汚れ、血管の老化はさまざまな病気のもとになってしまいます。

  • 高血圧
  • 喫煙
  • 肥満
  • ストレス
  • 高血糖
  • 運動不足
  • 加齢

ここにプラスして過剰なコレステロールや逆にコレステロール不足が重なると狭くなって詰まりやすくなったり、破裂しやすくなります。

血液の通り道である血管について

血液と切っても切れない関係にあるのが血液の通り道である血管です。
血管のネットワークなくして血液を体のすみずみに届けることはできないのですから。

血管を全部つなげば地球2周分の長さににもなる

血液を全身に滞りなく循環させるパイプラインの役目を果たすものそれが血管です。毛細血管まで入れたすべての血管をつないで一本にしたら、なんと地球を二周りするほどの長さになるといわれています。それだけ長い道のりを旅するには、ドロドロと汚れた血液より、サラサラと流れやすい、きれいな状態の血液のほうが、ずっとスムーズにいくのは当然ですね。

血管は、たんばく質や脂質などからつくられています。増えすぎれば汚れの原因になるコレステロールも、血管の壁をつくる大事な成分のひとつです。からだの部位によって、太さや厚さはさまざまですが、血液に接する内側から、内膜、中膜、外膜と並ぶ、三層構造が基本です。

動脈では、内膜をつくっているのは敷石状に並んだ内皮細胞。中膜は弾力性があって伸び縮みする筋肉組織からできています。
いちばん外側の外膜は、線維のまじった丈夫な組織で、そこには血管の収縮を調整する交感神経と、血管に栄養を送る栄養血管が入ってきています。

全身のネットワーク

心臓から送り出された新鮮な血液を運ぶ動脈。こ太い動脈から、からだのすみずみに走る毛細管へと枝分かれして心臓を起点とする一大ネットワークになっているのです。

「腎臓」血液成分のチェック

血液の汚れを濾過する臓器

尿と血液は非常に深い関係で切っても切れない関係にあります。というのも尿のもとは血液だからです。
尿には血液中の老廃物を取り除くという大事な役割があります。
おしっこが出るから血液はきれいでいられるというわけです。
その尿をつくる体の下水処理工場的菜役割が腎臓です。

腎臓は細い動脈が絡み合った糸球体と呼ばれる濾過数値が数多くあります。
血液はこの糸球体で濾過され、老廃物が尿のもと「原尿」になります。
もちろん尿として排泄される量は原尿よりずっと多くなります。というのも原尿が糸球体に続く尿細管を流れていく間に水分とそこに溶けている物質の一部が血液のほうに再び吸収されるからです。
実際の尿量は、原尿の100分の1程度、通常は1日に1.5リットルくらいです。

腎臓にはつねにたくさんの血液が入ってきます。その量は心臓が1回の拍動で全身に送り出す血液量の4分の1にあたります。それだけ、血液の影響を受けやすい臓器なのです。

尿量は減りすぎても増えすぎても血液を汚す

排泄する尿の量は、水分をとる量や体質によって違いがあります。しかし、「工場」の腎臓や、処理する血液を送り込む心臓などにlなんらかの障害が起こると、排泄される尿量が減ったり、増えたりすることがあります。尿の量が減ると、血液中の老廃物の排泄がしっかりできなくなって血液の汚れも増加します。逆に出過ぎは血液中の水分が減り、ドロドロに。いずれにせよ血液にとって好ましくない状態なので注意します。

「腸・肝臓」血液成分のチェック

血液に栄養分を与える

食事は血液をきれに保てるかどうかを左右する大きな要因であることは常識です。
食事と血液とを結びつけるのは消化器、なかでも食べたものから栄養を吸収する腸と、腸が吸収した栄養を処理して送り出す肝臓です。

食物に含まれる栄養は、胃や十二指腸で消化され、主に小腸から吸収されます。
栄養分に富んだ血液は門脈という太い静脈から肝臓に入ります。
肝臓に届いた栄養素は、ここで分解、合成され、利用しやすい形に変えられます。
そのあと、そのまま肝臓で貯蔵されたり、必要に応じて血液にのせられて肝臓から心臓に送り出し、全身n運ばれます。

肝臓の働きはとても複雑で多方面にわたります。
栄養分の分解、合成のほかに体内の毒素を解毒する仕事も担っています。
血液の循環量を調節するのも肝臓の役目です。
古くなった赤血球を壊す一方で赤血球をつくるのに欠かせない鉄を貯蔵しておくのも肝臓の役目です。
「何を食べるか?」も重要ですが、「きちんと消化・吸収されているか?」「必要なものに作りかえられているか」も血液の状態に大きく影響します。
その意味できれいな血液は腸や肝臓の働きと密接に関係しているのです。

  1. 食べる
  2. 消化され栄養分が吸収される
  3. 肝臓へ送られて分解・合成された栄養分が血液中に
  4. 栄養たっぷりの血液が心臓に届き、心臓から全身へ

「心臓・肺」血液成分のチェック

血液循環の要

いくら血液の状態がよくても、全身に届かなければ意味がありません。だから、血液を送り出す役目を果たしている心臓は、血液にとってもっとも重要な臓器といえるでしょう。

しかし、心臓が元気に働き、血液が全身に届いたとしても、十分な酸素を含んだ血液でなければ役に立ちません。だから血液に酸素を与える肺もまた、心臓に並んで重要な臓器といえます。
心臓は規則正しいリズムで収縮と拡張をくり返し、全身に血液をくまなく送り出すポンプ作用を、一時も休むことなく営んでいます。

肺は、呼吸によって送り込まれた酸素を血液に与え続けています。血液を循環させる働きを「心肺機能」といいますが、これは心臓と肺が互いに協力しあって、全身に新鮮な血液を送り出しているからにほかなりません。

心肺機能が十分でなければ、きれいな血液は保てません。逆に、きれいなかなめ血液を保てないと、血液循環の要である心肺、とりわけ心臓に負担がかかるようになります。血液の汚れが血管の傷みを引き起こせば、なおさら悪影響は大きくなってしまうのです。

新鮮な血液をポンプで押し出す

心臓には上下左右に4つの部屋があり、上の部屋を「心房」、下の部屋を「心室」といいます。左 右の部屋は中隔かくという壁 によ って完全 にへ隔だてられて います が、上下の部屋の間には弁べんがあり、上の部屋から下の部屋からへの一方通行で、血液が流れ込みます。

  1. 肺で酸素を取り入れた血液と、老廃物を取り込んで全身から戻ってきた血液は、心房の収縮によつて、心室に送り込まれる
  2. 心室がいっぱいになると心房・心室間の弁が閉じる。心室が収縮して、内圧が高まると、大動脈・肺動脈へ続く弁が開き、血液が全身と肺に、それぞれ送り出される
  3. 心室が拡張を始めると、心房に血液が流入する
第2の心臓は足裏にある

人間が立っているとき、足の先から心臓の位置までは、およそ1mあります。足の先まで酸素を届けた血液は、重力に逆らって、心臓までの距離を上っていかなければなりません。その流れを促しているのは、静脈に接している足の筋肉の動きです。筋肉の動きが静脈にポンプ作用をもたらすことで、静脈血の流れはスムーズになります。
「足は“第二の心臓」といわれますが、ただじっと座っているだけではポンプの働きはしてくれません。動いてこそ、「第二の心臓」になるのです。