「白血球」血液成分のチェック

外敵と闘う防衛の役割

私たちのからだの中には、呼吸や飲食などを通じて、いろいろなものが入り込んできます。無害なものならいいけれど、なかには細菌やウィルスなどの病原体もまぎれています。

こうした外敵から、からだを守る大事な役目を果たしているのが白血球です。白血球の働きがなければ、私たちの血液は異物だらけに。

血液をきれいにする大きな役割をもつ血球といえます。白血球といっても、形や性質によって種類はいろいろで、防衛のしかたも異なります。

まずは「食べて無害化する」方法。これは好中球や単球という白血球の担当です。「抗体をつくって対抗する」方法はリンパ球の担当です。

リンパ球にはT リンパ球(T細胞) とBリンパ球(B細胞) の2種類があります。抗体をつくる実行役はBリンパ球、「抗体をつくれ」とBリンパ球に命令するのはTリンパ球の役目です。

がん細胞をやっつけるナチュラルキラー細胞(NK細胞)も、リンパ球の仲間です。異物を直接、攻撃・退治する好中球は1.5日と短命なのに対し、免疫システムを担うリンパ球は比較的に長生きです。抗体をつくるB細胞の寿命は10~20日間程度、そして指令役のT細胞は、免疫反応を記憶するという重要な仕事があるため、10年間も血管内で生き続けます。

あらゆる手段で防衛する

白血球は形や性質によって、大きくは「顆粒球」「単球(マクロファージ)」「リンパ球」に分類されます。顆粒球は、さらに性質の違いから「好中球」「好酸球」「好塩基球」の3 つにわけられています。

体を守る貪食作用

体内に細菌などの異物が侵入してくると、まず好中球や単球(マクロファージ、貪食細胞ともいう)が集まってきて、異物を取り込んで消化し、無害化してしまいます。

抗体をつくって守る免疫

体内に侵入してきた異物(抗原)をTリンパ球(T細胞)がとらえ、Bリンパ球(B細胞)に異物に対抗する抗体をつくるように命令、指令を受けたBリンパ球は抗体を生産し、血液中に放出します。再度、同じ抗原が侵入してきた場合には、すぐに大量の抗体がつくられ、抗原を無力化します。

白血球に関する検査
  基準値
白血球数(WBC) 4000~8000個/mm3

「赤血球」血液成分のチェック

赤い色の血をつくる酸素の運び屋

血液が赤いのは赤血球があるからです。ひと目で「赤い」とわかるのですから、血液中にたくさんの赤血球が含まれていることは容易に想像できますね。

実際、血球のほとんどは赤血球であるといってもいいくらいです。肺で受け取った酸素を体内の細胞に供給し、細胞から二酸化炭素を回収してまわる役目を果たしているのが赤血球、正確いえば、赤血球の中にぎっしりつまったヘモグロビン(血色素)です。

運搬役のヘモグロビンの量が減ってしまうと、細胞が酸欠状態に陥ってしまいます。この状態が「貧血」です。正常な赤血球は、丸いクッションの真ん中をくぼませたような形をしていて、直径約7~8ミクロメートル(1ミクロメートルは1000分の1ミリメートル)、厚さはおよそ2ミクロメートルほどの小さなもの。ひとつつひとつの赤血球は、約120日、だいたい4ヶ月でその寿命を終えます。

酸素の運び屋は「ヘム鉄」

ヘモグロビンは、ヘムという鉄分を含んだ赤い色素と、グロビンというたんばく質とが結合したもの。鉄は酸素と結びつきやすい性質をもっているので、ヘモグロビンが酸素をいっぱいつけて全身のすみずみの細胞まで酸素を運んでいきます。

赤血球に関する検査

少なすぎれば貧血です。ただし、多すぎるのも、血液がドロドロになって血栓ができやすくなるため、よい状態ではありません。

 
基準値
  男性 女性
赤血球 400~550万/mm3 350~450万/mm3
ヘモグロビン 13~18g/dl 12~16g/dl
ヘマトクリット 40~50% 35~45%
     

関連情報

ダイエットの成功も血液にかかっている

「この頃、体重が増えている」「全然、やせない」とお悩みのあなた。あなたの血液、栄養過剰のドロドロ血液かもしれません。

太る!その仲介役は血液

太る理由は単純です。それは、からだには「あまったものはためておく」というしくみがあるからの他なりません。食べものから得た栄養のうち、すぐにエネルギーとして消費されるもの以外は中性脂肪に変わり、皮下の脂肪細胞や肝臓にたくわえられます。

食事ができない、激しい運動などでエネルギーが不足しそう、といった緊急時に備えているのです。でも、現代の生活では、こうした緊急事態より、食べすぎや運動不足などによるエネルギー過多のほうが問題。中性脂肪がどんどんたまれば、当然太ってしまうのです。

ここで着目したいのは「すぐにエネルギーとして消費されるもの以外のよぶんな栄養」という点。過剰な栄養分を脂肪細胞に運ぶのは血液です。

運ぶものが多ければ流れも滞りがち。血液はドロドロ、ネバネバしてきます。それを解消するために、よぶんな栄養分を脂肪組織が保管しておくわけです。

つまり、脂肪細胞を動員して「きれい」にしなければならないような血液の状態では、いつまでたっても肥満は解消されない、といえるのです。

断食の有効性

「ダイエットに有効」「血液をきれいにする」などといったうたい文句に誘われて、「断食しようかな」…なんて考えている人はいませんか?

確かに、食べなければ、血液によぶんな栄養が入り込むことはないし、たくわえを取りくずすしかないので、やせるでしょう。しかし、断食はおすすめできません。
というのも、食べなければ、ビタミンやミネラルといった体内でつくりおきできない栄養素が、絶対的に不足してしまうから。体重は減っても健康はそこなわれるという、こまった事態が起こる危険が大きいのです。

ドロドロ血液は肥満のもと

  1. 甘い物や脂っこいものををたくさん食べる
  2. 血液中の栄養分が過剰になりドロドロ度アップ
  3. 脂肪組織に余分な栄養を蓄えてしまう(皮下だけでなく内臓の周囲の脂肪組織も膨らんでいく)
  4. 肥満(脂肪組織が膨らんで肥満状態になる)

きれいな血液、元気を手に入れる

きれいな血液をつくることで、健康状態はアップします。もちろん、外見の印象だって、ぐっとアップ。「きれい」も「元気」も、からだの内側から変えていくことが大事です。

血液をきれいにする生活で体調もよくなる

からだ全体に流れている血液。その血液に汚れが多ければ、必要な栄養や酸素などが届きにくくなったり、汚れが悪さをしはじめて、全身に影響が現れてきます。

逆に、からだのどこかに不調があると、その不調が血液を汚し、状態をわるくしてしまうこともあります。汚れた血液と不調の間で、悪循環が生じてしまうのです。体調がすぐれないと感じているときは、あなたの血液にも、なにか問題が生じているはずです。

現れている症状だけに目を向けているのでは、問題は解消しにくいでしょう。血液の状態を改善する、つまり、きれいな血液にすそじることで、不快症状が出やすい素地をなくしておくことが必要です。

血液をきれいにする生活を続けていると、さまざまな不快症状に悩まされることも減ってくるはずです。体調がよくなれば、血液をきれいな状態に維持しやすくなってきます。きれいな血液と、「きれい」「元気」の間には、悪循環ならぬ「好循環」が生まれてくるのです。

血液を入れかえる治療もある

汚れた血液を、きれいな血液に入れかえてしまうそんな治療もあります。肝臓や腎臓などの病気で、血液の汚れが進んでいるときにおこなわれる「血漿交換療法」です。
血液を体外に出して病的な血策を取り除き、かわりにきれいな血祭を戻すという方法です。もっとも、これはあくまでも病気の治療法のひとつです。ふつうは日々の生活のなかできれいな血液にしていくことで、体調は改善します。

血液の流れ

全身の細胞が血液の到着をつねにまちわびています。そこで強力なポンプ、心臓を起点に、血液は全身を駆けめぐつているわけ。血液がたどる旅路を、ここでみてみましょう。

血液の流れには2通りある

健康な成人では、ドキンという1回の拍動で心臓から70~80mlの血液が送り出されています。血液がたどる旅路には、全身をめぐって栄養と酸素を運び、ニ酸化炭素を受け取って心臓に戻ってくる「大循環」と、肺へ送られて酸素をもらい、きれいになって再び心臓に戻ってくる「小循環」、2つのコースがあります。
心臓から送り出された血液が通る血管が「動脈」、心臓へと戻つてくる血液が通る血管が「静脈」です。

大循環のスタートは心臓の左心室から。まず大動脈へと送り出された血液は、大動脈から枝分かれした小動脈、大動脈小静脈細動脈、さらには毛細小動脈血管を通り、からだのきすみずみまで行きわたります。各所で二酸化炭素を受け取った血液は、細静脈、小静脈、大静脈を経て、心臓の右心房へ戻ってきます。

全身をめぐり右心房に戻ってきた血液は、右心室から肺動脈を通つて肺へ送られます。肺毛細管で二酸化炭素を酸素と交換した血液は、肺静脈を通つて心臓の左心房へ流れていき、そこから左心室へ0そして、再び大循環コースをたどりはじめます。ちなみに、小循環コースでは、動脈を通るのは二酸化炭素の多い「静脈血」、静脈を通るのは酸素の多い「動脈血」です。

血液の働き

「血液がなければ生きていけない」というのは常識でしょう。でも、あらためて考えてみると、命を左右するほどの働きって、どういう意味なのでしょうか?

全身の細胞に「命のもと」を運ぶ

私たちのからだは60兆個もの細胞の集まり。ひとつつひとつの細胞は、酸素や栄養素を取り込んで、エネルギーをつくりだしています。

エネルギーがなければ、細胞の命、そして細胞の集合体である私たちの命は保てません。そのエネルギーのもとになる酸素や栄養素などを、全身の細胞に絶えず送り届け、老廃物となった二酸化炭素などを細胞から回収する働きをすることこれが、血液のもつ最大の働きです。

このほか、細菌やウィルスなどの病原体から私たちのからだを守るのも血液の役目。また、体温を一定に保つ働きもあります。だからこそ、からだ中に網の目のように血管が張りめぐらされ、その中を真っ赤な血液が流れているのですし、血液の状態が、全身の健康状態を左右することにもなるわけです。

サラサラと流れる血液ですが、その容積のうち液体成分は60% くらい。これを「血漿」とよんでいます。残りの約40% は、「血球」とよばれる、形のある固形成分が占めています。

血液の働き

酸素や栄養の運搬
細胞が働くためには酸素や栄養素が必要。血液は、からだの外から入つてくる酸素や栄養を全身の細胞に運び、老廃物を細胞から回収しています。
ホルモンの働き
体内でつくられる、ホルモンなどの情報伝達物質を、必要な器官に届けるのも血液の役目です。
体温を一定に保つ
血液が全身に流れていることで、私たちの体温は一定に保たれています。
感染を防ぐ
体内にはさまざまな細菌やウィルスが侵入してきますが、血液はこれらの病原体から身を守り、感染症を防いでくれます。

血液を汚す3つの原因、その3、ストレス

心の悩みもドロドロの一因になる

「心の悩みで、血液の状態が変化するの?」と思っていませんか? でも、これも大いに関係あり。悩みや心配ごとは、大きなストレスとなって、からだの状態を変化させます。

それが血液の状態にも影響してくるのです。悩みを解消しようと、タバコやお酒に手が伸びたり、ヤケ食いやヤケ酒に走ったりと、食事を含めた生活全般にまで変化が現れれば、血液の汚れは、ますます悪化してしまうおそれがあります。

ストレスは、それ自体、血管を傷めつける要因のひとつにもなります。血管への悪影響も心配です。ストレスの正体はこちら。

ストレスによる血液の汚れ度チェック

  • 職場の人間関係が悩みの種
  • 家庭内がごたごたしている
  • 恋愛関係の悩みがある
  • 本当にしたいことができない
  • いつも時間に追われている
チェック
  • 0個
    心配なし
  • 1~3個
    やや心配あり
  • 4~6個
    心配あり

血液を汚す3つの原因、その2、食生活

食は血液の状態を大きく変える、影響する

生きていくために必要なエネルギーになり、からだの成分をつくるもとにもなる栄養。栄養のもとはいうまでもなく「食べもの」です。

食べたものが消化・吸収され、必要な栄養が全身に届けられるのですから。全身に栄養を届ける役目を果たしているのが血液です。

血液がどんなものを運んでいるかは、おおもとの「食べたもの」に大きく関係してくることはあきらかです。必要なものが、多すぎず、少なすぎず、ちょうどよいだけの量なら、血液の状態は良好、「きれいな血液」です。

全身に、必要なものを十分に届けることができます。いらないものが入っていたり、必要なものでも増えすぎてしまえば、それは汚れでしかありません。

「汚れた血液」の状態になり、必要なものが、必要なところへ届きにくくなってしまいます。では、どんな食事が汚れを増やす原因になってしまうのでしょう?

以下であなたの食生活をチェックしてみてください。1つでもあれば、要注意。そのままでは、あなたの血液の汚れが進んでいく危険性が高いでしょう。

食活習慣による血液の汚れ度チェック

  • 1日2食は外食
  • 市販の弁当、総菜をよく利用する
  • 甘いものが好き
  • 肉より魚が好き
  • 野菜の煮物、おひたしなどはあまり食べない
  • 果物はあまり食べない
  • 豆や豆製品はほとんど食べない
  • 揚げ物は週に3~4回食べる
  • 早食い
  • 水分摂取はほとんどない
チェック
  • 0個
    心配なし
  • 1~3個
    やや心配
  • 4~6個
    かなり心配
  • 7~9個
    非常に心配
  • 10個
    危険

血液を汚す3つの原因、その1、暮らし方

毎日の暮らし方・習慣が血液にあらわれる

「最近、全く運動をしていない 」という人も多いのでは? からだを動かさないでいると、血液の流れは滞りがちになってしまいます。

その血行のわるさが血液の汚れをまねく一因になっていることがあります。血液は、栄養や酸素を届けるだけでなく、からだのあちこちで生じる老廃物を回収する役目も果たしています。

血行がわるくなれば老廃物の処理が遅くなり、それだけ、血液の汚れは増していってしまうのです。気づかぬうちに「いらないもの」を増やしてしまう生活習慣は、運動不足以外にもいろいろあります。以下のチェックリストを行ってみましょう。思いあたることはありませんか? 1つでもあれば要注意。あなたの血液の中には、いらないものが増えていそうです。

生活習慣による血液の汚れ度チェック

  • 車やタクシーを利用することが多い
  • ほとんど運動していない
  • 休日はごろ寝で終わることが多い
  • 喫煙する
  • 便秘薬をよく使う
  • 週に2回以上飲み会がある
  • 入浴はシャワーのみで湯船にはつからない
  • 慢性的な睡眠不足
  • 部屋の掃除はあまり行わない
チェック
  • 0個
    心配なし
  • 1~3個
    やや心配
  • 4~6個
    かなり心配
  • 7~9個
    非常に心配
  • 10個
    危険

普段の暮らしで「血液の汚れ」サインがでているかもしれません

最近、「肌の調子がよくない」「「朝起きるのがやっと」「勉強、仕事がはかどらない」「やたら疲れる」…こんなことはありませんか?

血液の汚れは体の不調となって必ずサインがあらわれる

健康診断などで血液検査を受けて、「コレステロールが多い」「中性脂肪が多い」などと指摘されないかぎり、血液が汚れているかどうかなど、気にしないのが普通です。

また、たとえ血液検査の数値に異常がみられても、「ドロドロした血液が体を巡っている」なんて、ふつうは自覚できません。

でも、血液には、全身を流れ、からだに必要な栄養や酸素を届ける大切な役割があります。汚れいっぱいでドロドロとした血液は、からだの不調を引き起こすもとになります。

あなたが不調をかかえているとき、血液は好ましくない状態になっているのです。まずは、以下のリストで、あなた自身のからだの状態をチェックしてみてください。
思いあたることがひとつでもあれば、それは「血液の汚れサイン」。
汚れの少ない、きれいな血液にする必要性が高いといえます。

血液の汚れチェック

  • 肌がくすんでいる
  • 肌荒れ、シミがある
  • 顔色が青白い
  • 太っている
  • 最近、太ってきた
  • 風邪をよくひく
  • 手足の冷えが強い
  • 頭痛もち
  • 肩こりがある
  • 疲労感が抜けない
  • 便秘しやすい
  • 下痢しやすい

4つ以上チェックがついたら要注意です。