Home > 便秘解消のための腸浄化 > 動物性食品 腸内環境 を悪化させる要因となる

動物性食品 腸内環境 を悪化させる要因となる

動物性食品 腸内環境 を悪化させる要因となる点についてです。現代人の食習慣は、食べ過ぎ傾向にあり、なおかつ動物性食品の摂取過多が問題となっています。日本人の DNA は基本的に動物性食品 消化 → 排泄 という仕組みがうまく機能しなことがわかってきました。お肉などの動物性食品を食べ過ぎた翌日に吹き出物がでてしまう人も多いはずです。これがいわゆる細胞のゴミ化してしまう原因と考えられます。

動物性食品 腸内環境 によくないことは内視鏡検査をすれば明か

動物性食品 腸内環境
動物性食品 腸内環境

戦後、飢餓から脱し豊かになったはずの現代人が、なぜこうも体調不良や慢性疲労、意欲の減退に悩まされているのか、もっといえば、生命力を衰えさせてしまったのか、その理由は、食べ過ぎや動物性食品の過剰摂取です。これまでは、私たちは少々「食べすぎ」状態ですが、現在は、かなり食べ過ぎです。

飽食が日常化することによって、細胞内リサイクル工場が活性化し、若返り酵素がフル活動する機会を、じつは自ら奪ってしまっている。そこに健康を害している大きな問題があることが理解できるはずです。

つまり、イキイキと生活していくうえで大事なことは、いかに食べるか(栄養補給するか) ではなく、いかに食べないか(デトックスするか)。そこに大きなカギが隠されていることに気づかされるはずです。

これまでの栄養学では、必要なカロリーや栄養素の確保を重視するあまり、食べないことの価値についてはほとんど考察してきませんでした。しかも、食べる物の内容についても、体内に老廃物= ゴミがたまりやすい動物性食品(肉類や牛乳・乳製品) の摂取が中心にすえられてきました。

しかし、動物性食品は食物繊維がまったく含まれず、しかも高脂肪であるため消化がとても悪いのが第一の特徴です。

つまり、たっぶりと摂取しても、そのすべてがエネルギーに変換されるわけではありません。それどころか、食べすぎれば腸内にゴミをためる原因にもなり、腸内環境を悪化させ、血液を汚し、さらにめぐりめぐって細胞の働きを低下させることにもつながってしまいます。

これは内視鏡で確認すれば一目瞭然のことです。そう考えれば、食べすぎないことに加え、動物性食品に頼りすぎない適切な栄養補給の必要性も出てくるでしょう。要は、現代人の食事は量の面も質の面もともに、勝と細胞を疲弊させ、その働きを低下させる要素がとても強いといえるのです。

これまでいいとされてきた「常識」をいったん白紙にしないかぎり、細胞の元気を取り戻すことなどできないことを知るべきでしょう。逆にいえば、このポイントさえつかむことができれば、私たちは年齢に関わりなく、元気で快適な生活を送ることができるはず。私は皆さんに、こうした「若返り生活」をぜひ体験してほしいと思っているのです。

便秘解消のための腸浄化

16種類もの乳酸菌がサポートする 「 乳酸菌革命プレミアム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください