老化を防ぐのに一番いい方法は「My乳酸菌」乳酸菌生成エキス

「My乳酸菌」=「自分の乳酸菌」を増やすことの重要性は数え切れないほどあります。「医者いらず」のコツはすべて「My乳酸菌」にあるといっていいでしょう。「My乳酸菌」が増えれば、老化も防げるし、病気も治るし、精神状態もよくなるし、いいことづくめなのです。最近、東北大学農学部の斉藤忠夫教授からメールをいただきました。腸管表層部を覆っている「ムチン」に多量なA BO 血液型物質が存在し、A 型やB型に相応した乳酸菌が結合しているということです。

それらの乳酸菌を「A型乳酸菌」と「B型乳酸菌」と名付けたというものです。つまり、A型の人の腸には「A型乳酸菌」が、B 型の人の腸には「B型乳酸菌」がそれぞれ定着しているということです。

しかし、最近の腸内細菌の研究では、乳酸菌は血液型だけではなく、個人個人ですべて異なることがわかってきました。しかも、その乳酸菌は生まれた直後に腸に定着し、死ぬまで同じ種の乳酸菌が生き続けていることが明らかにされたのです。

私には私の「My乳酸菌」、あなたにはあなたの「Your乳酸菌」が腸のなかにそれぞれ棲みついているということです。乳酸菌などの善玉腸内細菌が少しでも増えれば、大勢の日和見菌が味方して、体も心も健康になるnoのです。

私たちの老化を防ぎ、病気を治し、精神状態をよくするには自分の乳酸菌=「My乳酸菌」を増やすことが必要不可欠だということです。健康のために毎日ヨーグルトを食べましょう、とよくいわれていますが、私は食べていません。

たしかにヨーグルトのなかには乳酸菌やビフィズス菌などの善玉腸内細菌がたくさん含まれていますが、それらは「My乳酸菌」とはまったく違うものなのです。それに乳酸菌やビフィズス菌は腸に届く前に胃酸などによって約90%が死んでしまうのです。しかし、だからといって「ヨーグルトを摂ることは無意味だ」ということではありません。一部の食品メーカーは「生きて腸に届く乳酸菌」を開発して、宣伝していますが、生きたまま腸に届かなくてもいいのです。

死んだ乳酸菌の細胞壁が腸の免疫柵胞を刺激して、免疫力を高めてくれるのですから。さらに乳酸菌が死んだときに排泄する「乳酸菌エキス」が「My乳酸菌」を増やす作用があるからです。

私は毎日、「乳酸菌生成エキス」を飲んでいます。乳酸菌は必ず「仲間の乳酸菌を増やす因子」を持っています。「乳酸菌生成エキス」には、その仲間を増やす因子が凝縮しで含まれているからです。

おかげで私は70歳をすぎた今でも、元気に若さを保つことができているのです。ぜひみなさんも私の方法を参考に、腸に棲んでいる「My乳酸菌」を増やして、いつまでも元気で若々しい人生を送っていただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.