血液はそれぞれの「全身情報」をもっている

血液は、からだの連絡係。血液のようすをみれば、全身の臓器や組織がどんな状態かわかります。血液には、あなたの全身情報が、鏡のように映しだされているのです。

血液検査は健康状態を知る絶好の指標

病気の有無を調べたり、状態をみるのに、かならずといってよいほどおこなわれるのが血液検査です。からだのどこかに異変が生じれば、血液成分にも影響が現れます。

逆にいえば、血液の成分を分析していくと、どこが、どんな状態になっているのか、推測できるわけです。調子がわるいからといって、いちいち、からだにメスを入れるわけにはいきません。
まして、予防のためにからだの状態を知りたいときにはなおさらです。そんなときに、血液は有用な情報をくれる絶好の指標となります。

健康診断などでおこなわれる一般の血液検査は、注射針で10~20mlほどの血液を採取し、その状態を分析しています。血液検査の項目には、いろいろな名称のものが並んでいます。

血球以外の項目は、みな血清に含まれる、微量の成分です。その成分が、多すぎる、あるいは少なすぎる状態ではないかを調べて、健康状態をみているのです。

血液は個性のひとつ

健康状態とは関係ありませんが、血球には、それぞれ特有の型があります。これを血液型といいます。性格占いでおなじみのABO 血液型以外にも、さまざまな分類があり、完全に一致する人は一卵性双生児どうししかない、といわれるほど。
その意味で血液型は一人ひとりのもつ「個性」といえます。血液型と性格の関連を裏づける医学的な研究結果はありませんが、血液に似た部分が多ければ、どこか血液以外にも似たところがでてくると考え方自体は、あながち的外れではないのかも しれ ません。

ガンの有無も血液検査でわかる

血液検査では、腫瘍マーカーとよばれる特定の物質の有無、量の多さなどを調べる場合もあります。これは、がん細胞がつくりだす成分で、大腸ガンならCEAが脾臓がんはCA19-9、卵巣がんはCA125が、前立腺がんはPAPが増えるといった特徴を利用してがんの有無を血液から推測するのです。
確実に診断するためには、やはり組織を切って調べる必要がありますが、がんの疑いが濃厚なときや、手術後、再発の可能性を探るときなどに、便利な検査です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください