「心臓・肺」血液成分のチェック

血液循環の要

いくら血液の状態がよくても、全身に届かなければ意味がありません。だから、血液を送り出す役目を果たしている心臓は、血液にとってもっとも重要な臓器といえるでしょう。

しかし、心臓が元気に働き、血液が全身に届いたとしても、十分な酸素を含んだ血液でなければ役に立ちません。だから血液に酸素を与える肺もまた、心臓に並んで重要な臓器といえます。
心臓は規則正しいリズムで収縮と拡張をくり返し、全身に血液をくまなく送り出すポンプ作用を、一時も休むことなく営んでいます。

肺は、呼吸によって送り込まれた酸素を血液に与え続けています。血液を循環させる働きを「心肺機能」といいますが、これは心臓と肺が互いに協力しあって、全身に新鮮な血液を送り出しているからにほかなりません。

心肺機能が十分でなければ、きれいな血液は保てません。逆に、きれいなかなめ血液を保てないと、血液循環の要である心肺、とりわけ心臓に負担がかかるようになります。血液の汚れが血管の傷みを引き起こせば、なおさら悪影響は大きくなってしまうのです。

新鮮な血液をポンプで押し出す

心臓には上下左右に4つの部屋があり、上の部屋を「心房」、下の部屋を「心室」といいます。左 右の部屋は中隔かくという壁 によ って完全 にへ隔だてられて います が、上下の部屋の間には弁べんがあり、上の部屋から下の部屋からへの一方通行で、血液が流れ込みます。

  1. 肺で酸素を取り入れた血液と、老廃物を取り込んで全身から戻ってきた血液は、心房の収縮によつて、心室に送り込まれる
  2. 心室がいっぱいになると心房・心室間の弁が閉じる。心室が収縮して、内圧が高まると、大動脈・肺動脈へ続く弁が開き、血液が全身と肺に、それぞれ送り出される
  3. 心室が拡張を始めると、心房に血液が流入する
第2の心臓は足裏にある

人間が立っているとき、足の先から心臓の位置までは、およそ1mあります。足の先まで酸素を届けた血液は、重力に逆らって、心臓までの距離を上っていかなければなりません。その流れを促しているのは、静脈に接している足の筋肉の動きです。筋肉の動きが静脈にポンプ作用をもたらすことで、静脈血の流れはスムーズになります。
「足は“第二の心臓」といわれますが、ただじっと座っているだけではポンプの働きはしてくれません。動いてこそ、「第二の心臓」になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください