頭痛、めまい 血圧が不安定だと起こりやすい

だれでも一度や二度は、頭痛やめまいを経験しているはず。いろいろな原因が考えられますが、血圧が不安定になると生じやすい症状でもあります。

血圧は高すぎても低すぎても原因に

頭痛やめまいの原因はいろいろです。睡眠不足やストレスで、めまいが起こることもありますし、風邪で頭痛がしたり、女性の場合、女性ホルモン(エストロゲン)の影響で、片頭痛に悩まされることもよくあります。

血圧が高くなると、頭痛や頭重感、めまいなどが現れることがあります。気をつけなければならないのは、めまいだけでなく、手足がマヒしたり、ろれつが回らなくなったりする症状もあるとき。この場合は脳梗塞や脳出血などの可能性があるので、すぐに受診が必要です。

逆に、血圧が低くなったときも、頭痛やめまいなどの症状が起こってきます。横に寝た状態から急に立ち上がり、立ちくらみやめまい、ひどい場合には失神などを起こしたことはありませんか? これは「起立性低血圧」といかしわれるもの。下肢の静脈の収縮力が弱いために、立ち上がったときに血液が心臓に戻りにくくなり、その結果、心臓から出ていく血液量が減少して、めまいなどが起こってしまうのです。

殴られるような痛みはすぐ病院へ

突然、金属バットで殴られたような激しい頭痛が起きたときは、くも膜下出血がうたがわれます。吐き気や嘔吐をともなうこともしばしばあり、意識がなくなって倒れたり、けいれんを起こしたりすることもあります。すぐに治療を受けないと、命に危険がおよんでしまいます。
脳卒中はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください