肩こり 血行悪化で「疲労物質」増加

がんこな肩こり。これも血行不良が原因です。よどんだ血液に「疲労物質」がたまるために、不快症状が発生します。つまり、これまた血液の汚れが原因といえるのです。

放っておけば不快症状はさらに増す

放っておけば不快症状はさらに増す長い時間、同じ姿勢でデスクワークなどをしていると、首や肩の筋肉が緊張してきます。そのまま筋肉を動かさずにいると、筋肉の中を走る血管も縮んで血液の流れがわるくなり、筋肉に十分な酸素が届けられなくなります。

そうなると、筋肉の活動に必要なブドウ糖が不完全燃焼を起こし、乳酸などの老廃物(疲労物質)がたまることに。これが疲労感のもとです。疲労物質は神経を刺激をするため、痛みも発生します。痛みが起こると、反射的に肩や首の筋肉がこわばり、さらに筋肉の緊張が高まるため、ますます疲労物質がたまりやすい状態になっていきます。

こうなる前に、首や肩の筋肉を動かしたり、温めたりして血行をよくしておきましょう。同時に、流れやすい、きれいな血液を保つことも重要です。プラークだらけの血液では、運動温め効果も半減してしまいます。
デスクワークの人は特に体を動かすことを意識します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください