冷え症 血行の悪さが最大の原因

手足が夏でも冷たい、足が冷たくてなかなか寝つけない、しもやけになりやすいなど、冷えの悩みは手足を中心に起こります。その最大の原因は、血行不良です。

ドロドロ血液は手足の末梢まで流れにくい

なぜ冷えるかというと、まず、からだがつくりだすエネルギー、つまり熱の量が少ないことがあげられます。これには食事の量の不足やバランスのわるさ、運動不足などが関係しています。

また、つくられた熱を運んでいるのは血液なので、その流れがわるくても冷えやすくなります。心臓から遠く、血管の内腔も狭い末梢血管ほど血行不良になりがち。
だから手足の先はもっとも冷えやすいのです。血行不良は、自律神経のバランスの乱れなど、さまざまな要因が絡みあって起こりますが、ドロドロとした血液も流れにくくなる要因のひとつです。

からだの冷えは、頭痛、肩こり、肌荒れ、のぼせ、むくみ、頻尿、食欲不振、下痢、便秘、腰痛、月経不順など、全身にいろいろな不快症状を起こします。
しかし、手足の冷えが解消すれば、ほかの不快症状もやわらいできます。末梢血管の血のめぐりがよくなるということは、からだ全体の血液循環がスムーズになることにほかならないからです。
ドロドロだけでない!ベタベタ、ギュウギュウ、ギトギト、スカスカ血液はリスクが高い

足の動脈硬化が原因の場合も

足先の血流を悪化させる原因のひとつに、足の血管に起こる動脈硬化、「閉塞性動脈硬化症」があります。足に十分な血液が行き渡らなくなるため、足が冷えたり、しびれたり、歩くとふくらはぎや太ももの後ろに痛みを感じたり、ふくらはぎがつったりするようになります。
悪化すると、血液が届かなくなった末端の組織が死んでしまい、場合によっては足を切断しなければならないこともあるほど。冷えだけでなく、しびれ、歩行時の筋肉痛などがあるときは、早めに受診しましょう。

手足の冷えを解消するポイント
もむ

手足の先には、血行回復に効果があるといわれるツボが点在しています。手足をマッサージする習慣をつけましょう。

食べる

エネルギーのもとは食べもの。食べものが消化吸収されて、エネルギー、つまり熱がつくられます。食事量が少なかったり、量は十分でも消化吸収がうまくいかなかったりすると、つくられる熱の量が少なくなってしまいます。消化のよい食べものを、十分とるように心がけましょう。

歩く

筋肉が活動するときには熱がつくられます。運動不足では、熱の生産量が落ちてしまいます。歩いて熱を発生させましょう。

温める

温まると血管は広がります。血液もそれだけ流れやすくなります。入浴はもちろん足だけ湯につけて温める足湯も効果的です。足だけでなく全身が温まります。くるぶしが十分隠れるぐらいの湯量、少し熱く感じる程度の湯温が最適です。
体温をあげる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください