動脈瘤 血液の逆流がまねく静脈のコブ

足の静脈がぼこっとコブのように浮き出る静脈瘤。中年以降の子どもを産んだ経験のある女性に多くみられます。静脈の血液の流れにくさが、コブのもとになってしまいます。

長時間の立ち仕事は避ける

静脈には、逆流を防ぐために心臓の方向に開く弁があります。ただ、静脈の場合、動脈と追って血液の流れがゆるやかです。そのため血液がよどみやすく、血液がたまって静脈内の圧力が上昇したり、弁に障害が起きたり、静脈壁の内膜が傷ついて血栓ができたりすると、血液の逆流が生じ、静脈の一部がふくらんでコブをつくることがあります。これが静脈癌です。

静脈癌は足の静脈によく起こります。立った姿勢では、青いコブがボコッともりあがっているのが目立ちますが、足を持ち上げて寝ると、コブは消えます。

また、立ったままでいると、だるくて重苦しい痛みが出ますが、歩くと症状が少し改善されます。軽症なら、長時間の立ち姿勢をさけて足を持ち上げるようにし、マッサージなどで静脈の流れをよくします。症状が強く、皮膚にも変化がみられるようなら、静脈癌を取り除く手術が必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください