忙しい現代人の腸は高速で老化がすすんでいる!ゆっくり規則的に食べることで若返りが可能

腸は全身の老化と密接に関連する司令塔の働きをしている

私たちの体は、加齢により老化していきます。しかし、体の中の臓器がそれぞれ同じペースで老いていくかというと、決してそうではありません。実は、老化のペペースメーカーとして機能するのが「腸」なのです。

最近、p16というたんばくの発現をマウスで長期問観察した研究が報告されました。p16は、ガンの抑制遺伝子で、これが発現すると、細胞が老化してきた目安になるのです。その結果、p16が最も早く発現したのが、腸と腎臓でした。
臓器のうちでも、腸と腎臓が最も早く老いるのです。

これは、腸と腎臓が最も多く血液を使う臓器であることが関係しています。心臓から送り出される血液の分配量を調べると、腸が1位で全体の30%、腎臓が2位で20%、3位が脳と骨格筋で15%。多くの血管で養われている臓器ほど、老いやすいのです。労力が増えるのと比例しているということです。

しかも、ペースメーカーである腸が老いてきた場合、腸だけの老化が進んでいるのではありません。腸が早く老いると、それと共に、ほかの臓器の老いも促進されてしまうのです。つまり、腸が早く老いると、全身の老いも加速するのです。

内臓にはそれぞれ、その人の一生分の仕事を、最適のペースでこなすための時間が設計されています。この臓器固有の寿命、いわば臓器の賞味期限が、それぞれの「臓器の時問」です。その中でも、腸は、最も臓器の時間の流れが早い臓器です。

ただ、生活習慣やその人の心がけによって、臓器の時間の進み方を早くすることも遅くすることも可能です。私たちは老化予防のためにも、ペースメーカーである「腸の時間」の進み方をゆっくりさせる配慮と工夫が必要になります。

時計遺伝子の乱れはメタボの原因

では、腸の時間をゆっくりさせるために、どんなことに気をつければいいでしょうか。

まず第1に、過食を慎むことが肝心です。腹8分めが長寿の秘訣といってもいいでしょう。これは従来から健康を保つための必須条件としてもかならず挙げられる条件のひとつです。過食は内臓にとって大きなストレスです。
過食をくり返すと、体に栄養が余っているところに、さらに栄養が取り込まれます。このよけいな栄養分を、体は「外敵」と見なし、強いストレスを感じ、対抗しようとします。交感神経が緊張し、これ以上の栄養を取り込まないように働きます。

同時に、血圧も血糖値も高くなります。こうした交感神経のがんばりが続いた結果、人はメタボになるのです。このとき、当然に腸の老化も加速することになります。

また、食事は、できるかぎり規則正しくとったほうがいいでしょう。忙しい現代人は、「仕事の合間に食事をしがち」ですが、「食事の合間に仕事をする」ことが理想です。

近年の時計遺伝子研究の進展により、私たちの臓器も、時計遺伝子がもたらす周期性によって、それぞれリズムを刻みながら働いていることがわかってきました。時計遺伝子に異常が生じると腸の時問の流れが早くなり、メタボにもなりやすくなります。これはマウスの実験でも確かめられています。

時計遺伝子の働きを整えるためには、朝、太陽の光を浴びることが重要ですが、もう1つ規則正しい食事も重要です。それが刺激となって、周期性を調整してくれます。

そして、ゆっくりと食べることや、よくかむことも大切です。

腸の老化を抑える以外にもしっかり噛んで食べることで脳と体が鍛えられるなどの効果もあります。

食事をストレス解消の手段として考えている人がいますが、早食いは決してストレス解消になりません。逆に、腸にはストレスとなり、腸の時間をどんどん加速してしまいます。
大食い選手権のようなTV番組もよく目にしますが、腸にとってはかなり残酷ですし、老化を早めています。

目の前の食事を、ストレス解消のターゲットとして見なすのではなく、生きるために自然が与えてくれたものとして、心静かに向かい合ってみてください。食前にひと呼吸おき、「いただきます」といって食べ始める習慣をつけてみましょう。これだけでも、ただの食事が健康食になる契機になるはずです。

そして、ゆっくりと食べ、よく噛むと、岨噂の刺激が腸に、「これから食べ物が入っていきますよ」というメッセージを送ります。すると、脳がホルモンや消化液の分泌を速やかに促し、腸はストレスを感じることなく消化吸収を行えます。これによって、腸の時間が非常に効率的に使われることになります。こうした毎日の積み重ねが、腸の時間をゆったりしたものにしてくれるのです。

食事の内容については、発酵食品を食事に上手にとり入れる工夫などが大事ですが、腸にとっていい食生活ができているかどうか、目安があります。たくさんあるのですが、わかりやすいように1つだけ紹介します。
それは、毎日の便の状態で判断する方法です。「快便」なら、いい食事ができていると考えていいのです。逆に、便秘が続いたり、下痢ぎみであったり、便秘と下痢をくり返したりしているようでしたら、日ごろの食事内容や生活ぶりを1度見直してみてください。
便の中身を詳しく知るなども参考にするといいでしょう。

腸の調子が整ってくると体はスリムになり、体調が良好になります。

過敏性腸症候群で治すためには食習慣も重要でモズクなど水溶性食物繊維の豊富な海藻が必須

ストレスがひとつのきっかけで起きる

便秘に悩むのは女性が多いのですが、最近は、「過敏性腸症候群」を発症する人が増えています。こちらはどちらかというと働き盛りの男性に多く発症しています。ばりばり仕事ができる人に多く、お昼を食べると必ずといっていいほど下痢をします。これまで何ともなく外食をしていた人が、トイレのために外食を控えて、社食やコンビニのおにぎりを食べるケースが増えています。

過敏性腸症候群とは、心因性の病気で、下痢や便秘などの便漕層や、腹痛あるいは腹部膨満感が慢性的に起こります。人によっては、おなかがゴロゴロと鳴る、残便感がある、ガスがよく出るといった症状を伴う場合や、胃のむかつき、吐きけ、食欲不振など消化器全体の症状として現れることもあります。

過敏性腸症候群の最大の特徴は、病院でさまざまな検査を受けても、腸自体には異常が見つからないこと。この病気は、満神的なストレスが引き金となって起こります。特に、まじめで几帳面、内向的な人がかかりやすいとされています。

こうした性格の人が、職場や家庭内のトラブル、受験や昇進などからくる精神的な圧迫、会議やプレゼンで発表するといった緊張感による強いストレスを感じると、それをきっかけにして自律神経のバランスが乱れることがあります。腸の働きは、自律神経によって左右されているため、便通に異常を来すようになるのです。

症状の改善には食物繊維の摂取とストレス解消

過敏性腹症候群は、便の状態によって「下痢型(何度も便意を催して、軟便や下痢をくり返すタイプ)」、「便秘型(思うような排便ができず、コロコロした硬い優しか出ないタイプ)」、「混合型(下痢も便秘もあるタイプ)」、「分類不能型」の4つに分けられます。

どのタイプにしても上手なストレスの発散法を見つけることが大切です。もし、どうしても仕事の内容が合わない場合は、転職も考慮しなければいけないかもしれません。

もう1つ、重要なポイントは食事です。すべてのタイプの過敏性腸症候群に共通するのは、消化の悪いもの、熱すぎるものや冷たいもの、脂肪の多いもの、アルコール、炭酸飲料、香辛料、酸味の強いものなど、腸を刺激する飲食物をさけることです。

下痢型や混合型の人は、どのような食品をとったときに下痢になるかを確認し、その食品をとらないことが、症状を改善させる近道になります。

また、特に便秘型の人は、排便を促すため、食物繊維をとることが有効です。しかし、水に溶けない不溶性食物繊維は大腸への刺激が強すぎるので、水に溶ける水溶性食物繊維を中心にとることを心がけてください。

水溶性食物繊維は、モズク、ワカメ、ヒジキ、寒天などの海藻類に多く含まれています。過敏性腹症候群の改善のためにも、毎日1回は海藻類の摂取を習慣化しましょう。

ストレスフルで眠れなくなったが脳マッサージ整体でその他の不調も改善

便は毎日出ているのになんとなく調子がいまひとつ(肌あれ、ぽっこりお腹…)

朝食もちゃんと食べて、毎朝、トイレにも行っているのに、なんとなくおなかが張る。ゴハンを食べると、下腹がポッコリ出っばってしまう。肌が乾燥したり吹き出物ができたりと、調子がいまひとつ。ダイエット中なのに体重が減る様子はなし。むくみやすくて、夕方には脚がパンパンに。1つでもあてはまるのなら腸は、機能が衰えた停滞腸の可能性大です。

腸が正常に機能しないことを停滞腸という

健康な腸の場合、腸自身が蠕動運動しながら、食べ物を消化吸収し、その残りカスをゴミ(便)として体外に押し出す働きをリズミカルに行っています。これが、老化や病気などで腸の基本的な機能が衰えてくると、仕事を怠けるようになります。当然、睡眠不足、ストレス、疲労なども腸は正常に機能しなくなります。とてもデリケートな臓器です。

腸がしっかり働いていれば、排泄物も溜まらず、腸内も清潔に維持されます。でも停滞腸になると、外へ捨てられるべきゴミが、腸の中にぐずぐずと溜まるようになり、慢性的に腸内が不衛生になってしまうのです。不衛生になった停滞腸からは、有毒ガスをはじめ、多くの有害物質が生まれます。
できる限り早く体の外へ出したくても、停滞腸では蠕動運動が正常に行われずになかなか体外へ排出されません。溜まったガスは腸壁から吸収され血液を通って、各所の細胞へと移行し、最後、皮膚から出ていくのです。
これが肌荒れやむくみ、吹き出物になったりします。高いクリームや美容液では取り除けません。原因は、腸の衰退と自分のウンチ。腸をきちんと働かせ、腸内を清潔にすることでしか解決できないのです。化粧品や、美容液でごまかすことができないトラブルです。正常に排泄されるようになると、嘘のようにこれらの症状は消失します。

現代人のライフスタイルは、とにかく忙しくて時間に追われています。いつの間にかイライラしてそのストレスを発散させようとドカ食いをしたり、甘い物をたくさん食べたりしています。脳は糖分がいわゆる快楽物質ですから喜ぶのですが、腸は最悪です。どんどん疲れて仕事ができなくなります。そして腸はどんどん衰えていくのです。

では、衰えた腸にどうやって活力を加え、腸内を清潔にさせればいいのか。それには腸が喜んで蠕動運動したくなるような物質を食べればいいのです。最近の若い女性は、1日2食のケースが多く、小さな生野菜サラダくらいで本人が思ってるほど野菜は食べていません。コンビニのサラダで便秘が改善されれば皆苦労しません。

これでは働きたくても腸はすることがなく怠けてしまうのも仕方ありません。だからきちんと1日3食、肉中心ではなく野菜中心の食事がいいでしょう。こうした食習慣を続けていると、次第に腸が元気を取り戻します。大豆やお豆腐、納豆などでも良質のたんぱく質が摂取できるので、これまでの悪しき食習慣をリセットするには、こうした食事をある一定期間(便秘が解消されるまで)続けることです。
これは江戸時代にブームだった食養生の教えに通じるもので、この場合、腸を食べもので養生するのですから食養腸となります。

日本人の長い腸に合った古い食事療法ですが、便秘には効果的です。
便秘 | 薬を使わない食事療法(病気・症状別)
自分の腸を食べ物で元気にし、体の毒を便して排出する。食養腸することが、つやピカ肌とスリムを手に入れる唯一の方法というわけです。

食事を正せば腸は、回復しますが、同時にイサゴールで溜まってしまった便を排出してスッキリさせるとスムーズに停滞腸を回復させることができます。