食物繊維が豊富なもやしは腸をきれいにする

一般に「もやし」と呼ばれているのは、緑豆を発芽させた緑豆もやしです。緑豆もやしは、ほかのもやしよりもビタミンCが豊富です。大豆を発芽させた豆もやしもあり、こちらはほかと比較してタンパク質やカルシウムが豊富なのが特徴です。

もやしは優れた整腸食品

もやしは、一年中手にいれることができるし、値段も安価な食材で家計のお助け野菜だといえます。そして、もやしのすばらしさは、値段の安さだけではありません。腸の大掃除をして、老廃物による腸内腐敗を防いだり、改善したりするはたらきが高い整腸食品であるということが東洋医学でも注目されています。

なぜ、もやしに腸内腐敗を止める力があるのでしょう。

もやしは、芽を萌やすといって、発芽している状態をあらわす言葉が名前の由来です。植物が発芽するときにはとても強力な生命エネルギーが放出されるので、それを食べるということは、そのエネルギーをもらっているということになります。

栄養面をみると、もやしには、腸の中をきれいに掃除する成分として知られている食物繊維が豊富に含まれています。水溶性と不溶性、両方の食物繊維が豊富で、腸内の老廃物を吸着して体外へ排出し、腸内の腐敗を防止します。

また、豆のときには少ないビタミンCが、もやしになると増加します。そして消化酵素が生じ、そのほかのビタミン類やミネラルが消化・吸収されやすくなります。ビタミン類やミネラル類も、腸のはたらきを健やかにします。

東洋医学では、性質によって食べ物が4つに分類されます。それは、寒、涼、温、熱の4つです。もやしはこのうちの涼になるのですが、涼はおだやかに熱を鎮静させ興奮や炎症を抑える性質を持っています。

便秘の状態は、腸内に熱が溜まって便の水分が奪われていたり、緊張により腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)がうまく行われないことなどから起こります。つまり、もやしは涼の性質によって便通をスムーズにして、腸内が腐敗するのを防ぐということです。

ただし、涼は摂りすぎると腸の冷えにつながるので、火を通すなど温めてから食べることが大切です。

胃腸をあたためる白湯で便秘を改善する

アーユルヴェーダという言葉をきいたことがあるでしょうか?世界最古の歴史をもつといわれる、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダでは、便秘は、消化する力の乱れによって起こるものだと考えられています。そして、その消化力の乱れ(便秘)には、大きく分けて3つのタイプがあります。1つめは良い状態と悪い状態に波がある不安定なタイプ、2つめは消化する力が強すぎるタイプ、3つめは慢性的に消化する力が弱くて鈍くなっているタイプです。

それぞれのタイプで、異なった便の特徴があります。不安定なタイプでは、便は硬くコロコロしています。消化力が強すぎるタイプでは軟便ぎみで、逆に弱いタイプではねっとりした重い便です。

アーユルヴェーダにおいての健康な便とは、しっかりした形で、においはなく、スルッと楽に出て水に浮くものをいいます。

しょうが白湯で腸の冷えをとる

先に述べた3つのタイプのどの便秘も、「しょうが白湯」で改善することが期待できます。白湯(さゆ)には、胃腸をあたため、内容物を押し出すはたらきがあるのです。

消化力が不安定なタイプの場合も弱いタイプの場合も腸が冷えている状態なので、腸をあたためることが大切です。しょうがには、白湯と同じように体をあたためるはたらきがありますから、白湯にしょうがを加えるとさらに効果的になります。さらに、クミンとコリアンダーというスパイスを加えると、あたためるだけでなく、消化力を安定させてくれます。

ただし、胃腸に炎症がある人は、しょうがを入れるのを控えましょう。

毎食後に、カップか湯飲みに1杯ずつ飲むのがおすすめです。慣れないうちは、1日に1杯から始めるとよいでしょう。

しょうが、クミン、コリアンダーのスパイスは、パウダー状のものが市販されているので、手軽にしょうが白湯が作れます。

副交感神経を高める習慣をつけ腸を元気にする

腸内環境を整えるために、朝起きてから、また、夜眠りにつく前などに行うとよいことを紹介します。これらを習慣にして、腸から体を健康にしましょう。

朝の行動をゆっくりにして体をリセットする

1分でも長く眠っていたいし、何かと忙しい朝は多くの人がバタバタしてしまうでしょう。でも、あわただしく過ごす朝は、自律神経にとっては良くない生活習慣です。それは、朝起きてから忙しく動きまわると、交感神経が跳ね上がり、副交感神経が一気に劣位になるからです。朝は、副交感神経優位から交感神経優位にスイッチが切り替わる時なので、その時こそ注意が必要になります。

自律神経が急激に切り替わるのを防ぐには、ゆっくり行動することを意識する、これが大切です。例えば、ゆっくり朝食をとる、ゆっくり歯をみがく、ゆっくり新聞を読む、というふうに、何かひとつでもいいから、ゆっくりを意識して行動することで、自律神経を上手に切り替えることができます。

口角が上がると自律神経が整う

「笑う門には福来たる」ということわざがありますが、笑顔でいると病気が良くなる、悪い症状が緩和するなどといった話しを聞いたことがあります。

笑顔になることは、本当に、私たちの体に良い影響を及ぼし、病状をも和らげるといいます。それは、笑顔でいると副交感神経が優位になって、免疫力が高まるからです。

さらに、心からの本当の笑顔でなく、口角を上げるだけのつくり笑いでも、同じような効果があるといいます。ですから、落ち込んだりしている時には、キュッと口角を上げ、笑顔をつくるようにしましょう。それだけで自律神経が反応し、副交感神経が上がってきます。リラックスするためのスイッチを入れることが重要なのです。

入浴と睡眠で副交感神経を高める

副交感神経を優位にするには、夜の入浴と睡眠も重要になります。お風呂は39℃くらいのぬるめのお湯に、20分~30分浸かり、じんわりと額に汗をかくのがよいです。お湯の量は胸より下の半身浴がおすすめです。

睡眠については、できるだけ6時間くらいは眠るようにしましょう。睡眠不足だと、副交感神経が下がってしまいます。それから、理想の睡眠をとるには、就寝の3時間前には食事を済ませましょう。食事をすると交感神経が高まるのですが、食後すぐでは副交感神経が高まらないからです。

また、寝る前にパソコンや携帯を操作するのは、興奮して交感神経が高まるので良くありません。体をリラックスさせることで、副交感神経は高まるのです。

自律神経の乱れが血流を悪くする

体の健康は血液で決まる

さまざまな病気は、血液の質と流れが悪くなることによって起こります。がん、心臓疾患、脳疾患をはじめとしたどんな病気も、それは共通していることです。

さらに、病気の原因をつくっている血流の悪さは、日常生活の場面でもみられます。例えば、人はとても怒っている時には、健康な状態とはいえません。それは、怒りを覚えると血液の質が悪くなるからです。血液の質が悪くなると、酸素や栄養素がうまく取り込めなくなります。それと同時に、一種の緊張状態になって、血管が収縮し血流が悪くなるのです。

しかも、それは怒っている時だけでなく、不安な時や緊張した時でも同じことが起きています。

健康な体を保つには、血液の質がとても大切です。そして、その質を決めるのが腸なのです。腸内環境が良くて腸の活動が正常であれば、それだけ質の良い血液をつくることができます。

このように、腸は、食物の栄養を吸収しながら、血流の質を決めるという大切な仕事もしているのです。

腸のはたらきをコントロールしているのは自律神経です。自律神経には、不安や緊張の時に活発になる交感神経と、リラックスしている時に活発になる副交感神経があるのですが、腸には、副交感神経のはたらきが大きな影響を及ぼします。

腸などの内臓は、食後や就寝前などに副交感神経が優位にはたらき、心と体がリラックスしている時に活発になります。

自律神経が健康の鍵を握る

心臓や胃腸の働きは自律神経が乱れると鈍くなり、血流も悪くなって、さまざまな病気の症状を引き起こしやすくなります。

ですから、病気にならないようにするには、自律神経を整え、血流が良い状態を保って、質の良い血液をつくる腸の状態も良くしておく必要があります。

酵素で腸の腐敗をとめ免疫力を上げる

体内酵素の不足が病気の原因になる

私たちは生きていくために、食事から栄養を摂っています。しかし、この栄養素はそのままのかたちでの利用はできません。例をあげると、タンパク質はアミノ酸に分解され、体内でさまざまな科学反応が起こり、筋肉などの体をつくる材料になっています。

こうした化学反応には「酵素」の力が必要になります。体内で起こる化学反応は、酵素なしで行うことができないのです。

酵素は、体内にある体内酵素(潜在酵素)と、外部からとり入れる体外酵素の2種類に大きく分けられます。体内酵素は、さらに、食べ物を消化するための消化酵素と、細胞の再生などの生命活動を行う代謝酵素に分けられます。体外酵素というのは、生の食品に含まれている食物酵素を指すのですが、その食物を消化するはたらきがあります。

体内酵素というのは、一生のうちに生産される量や一日に生産される量がだいたい決まっていて、暴飲暴食を繰り返していると消化酵素が大量に使われてしまい、生命活動に必要な代謝酵素にまわす分が足りなくなります。

さらに、体内酵素が不足すると、栄養を吸収する腸のはたらきが悪くなって、栄養不足の状態になってしまいます。特に、タンパク質がじゅうぶん消化されないと、大腸の中で悪玉菌が分解され腐敗物をつくります。そして、これらがガンなどさまざまな病気の原因となります。

食べ物から栄養を吸収するのは小腸です。小腸には、全身の免疫のおよそ70パーセントが集中しているといわれていますが、酵素で小腸の免疫が活性化され、免疫力も上がります。

生野菜や果物から体に必要な酵素を補給する

生で食べる野菜や果物には、酵素が含まれています。

さまざまな病気の原因となる体内酵素の不足を防ぐには、生野菜や果物から酵素を積極的に摂ることが大切です。しかし、生ものばかり食べているわけにもいかないので、加熱調理したものと半々くらいでよいでしょう。

また、納豆やぬか漬けなどの発酵食品にも酵素が含まれているので、こういった食品も摂るようにするとよいです。ぬか漬けには、腸の腐敗を改善するのに役立つ乳酸菌が含まれています。

食物繊維と発酵食品で理想の便をつくる

よくいわれる理想の便というのは、黄色や黄土色をしていて、バナナのような形です。座るとスルッと楽に排便でき、水の中で繊維がほぐれるような感じです。一方、良くない便というのは、においがきつくて、コロコロしていて硬かったり、逆にドロドロと水っぽかったりしているなどの便です。

自分の便を知ることは大切なことです。それには、毎日の排便日記をつけるのがおすすめです。毎日記録するようになれば、どのような食事をして理想的な排便ができるのかを考えるようになって、快便の手助けになります。

毎日食べているものが便のもと

自分の便と理想の便の違いがわかったら、理想の便をつくるためのコツを知りましょう。

理想の便というのは水分が80パーセントですから、まず、食べ物に含まれている水分も含めて1日に2リットルくらいの水分を摂ることが必要です。残りの20パーセントは、腸内細菌と腸粘膜がはがれたものと食べカスになります。食べカスというのは食物繊維のことで、この食物繊維が腸内細菌のエサとなって善玉菌を増やし、便のかさを増やします。

便の量が多いということは、それだけ有害物質を体外へ排泄しているということで、食物繊維が腸の掃除屋さんといわれるのは、このためです。

食物繊維には、蠕動運動を促し、適度に水分を含んだ排便しやすい便をつくるはたらきもあります。また、ゴボウ、タマネギ、きな粉などの食物繊維を含んだ食品にはオリゴ糖が多く含まれていて、これらは消化されずに腸まで届き、善玉菌の栄養となります。

また、善玉菌を育てる力になる発酵食品を摂ることが大切です。発酵食品といえば、和食では納豆がありますが、加えて摂りたいのがヨーグルトや乳酸菌飲料です。さまざまなプロバイオティクスが使われた製品があります。腸内環境というのは人それぞれで、さらに日々変動しているものなので、自分に合うものかどうかは、一週間ほど食べてみてお腹の調子で確認します。

食事は健康の事だけを考えて摂るものではありませんが、自分が毎日食べているものが体の健康を左右すると思うとおろそかにはできません。

腸年齢を若く保つと病気になりにくい

小腸は、消化・吸収、免疫を活性化させる大切な臓器で、大腸は、便をつくる役割があります。昔はそれほど重要視されていなかった大腸ですが、近年、大腸がさまざまな病気の発生源であることが明らかになりました。私たちが病気になる・ならないには、腸年齢が大きく関係しているといいます。

人間の皮膚や口の中、そして腸の中にも、私たちの体には多くの菌が棲みついています。腸内細菌には、よく耳にする善玉菌、悪玉菌のほか、勢いの強いほうへなびいていく日和見菌(ひよりみきん)があります。腸の中では絶えず勢力争いが起きていて、例えば、ストレスを抱えたりすると、急に善玉菌が悪玉菌に変わったりと、それぞれの菌の数は複雑に変化しているのです。

便秘の人の腐敗した腸内は病気のもとになる

腸の年齢が若いと、善玉菌の勢いが強いので、体が健康で、外見も若々しく見えます。

悪玉菌が腸内を腐敗させ毒素をつくり出すのですが、腸内腐敗は、腸の老化が原因です。悪玉菌が増えた腸は便が溜まるほどに腸内腐敗が進んで腸年齢が高くなります。大腸は、悪玉菌がつくる有害物質により傷ついて、大腸ガンや潰瘍性大腸炎などを発症します。有害物質は、血液の流れにのって全身に運ばれて、頭痛、吹き出物、アレルギー、生活習慣病などの原因になると考えられています。

しかし、腸年齢を若く保つことができれば、病気を予防したり改善することができるのです。また、成長期から成人期までに善玉菌を増やしておくと、将来、腸年齢が老化しにくいそうなので、子供の頃から腸内環境を整えておきたいものです。

およそ2人に1人の日本人女性が便秘で悩んでいるといわれていますが、腸年齢を老化させる便秘の人の生活習慣を調査してみると、食事での野菜不足、トイレの時間がなかなかとれない、運動不足、ストレスがたまっている、などがあるといいます。

女性が便秘になりやすいのは、ホルモンバランスの関係もあるのですが、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)による便意をガマンしたり逃したりしてしまうためです。朝は忙しく、会社へ行けばトイレに行きにくい、といったことから、気づけば便意は遠のいてしまいます。

一方、男性のほうに多いのは下痢です。仕事のことなどでストレスを感じると、腸が刺激され腹痛と下痢を起こします。また、便秘と下痢を繰り返すこともあります。これは、神経性の過敏性腸症候群という病気です。

いずれにしても、腸の中では悪玉菌が優勢になっているのです。