うつから自殺に至るケース 自殺前に見られる危険信号も

ぅつは自殺の最大の原因です。自殺はアメリカ人の死因の10位を占め、年間2万4千人の自殺者がいます。20分に一人が自殺を図り、10回に1回は死に至ります。

世界中で、自殺は増加の一途をたどっており、年間50万件が報告されています。自殺は人間だけにみられるものです。動物は他の動物を殺しますが、自分を殺すことはしません。人間だけが自殺をするのです。しかし「自殺をする」という人の言葉のすべてが本気だとはかぎりません。

症例1

ある女性が、うつを訴え、自殺したいと言ったために入院措置がとられまそちした。ところがその翌日、彼女はもううつは感じないと言ったのです。彼女の言動は、心理的評価の際に特徴的でした。

通常のうつの症状とは少し異なり、彼女は演技的で、少し誘惑的な身だしなみをし、これといった罪悪感もないようです。感情的で、興奮しやすく、ナイーブで、感受性も強い、といった彼女の行動パターンは、ヒステリー性人格障害の典型的な特徴です。

女性はうつではなく、ヒステリー性人格障害でした。このようなケースのご多分にもれず、彼女はうつを訴えたのです。そして、彼女の自殺したいという言葉はただの脅しだけでした。こうしたヒステリー性障害の人は、自殺をすると言っては人を操作しようとします。さらに話を聞いてみると、彼女は夫を操作しようとしていたようです。

自殺をほのめかす人の大半が操作的な性質のものであっても、まわりの人は真剣に受けとめなくてはなりません。自殺をすると脅かしている人は決して自殺しないというのではなく、事実、その1割は最終的に自殺を図るのです。

自殺をする人の大半が、だれかにそのことをほのめかしています。自殺は、離婚した人、連れ合いに先立たれた人、そして社会的、経済的に高いクラスの人、また独身の大人の男性に多く見られます。女性は男性と比べて5倍ほど自殺を図る数が多いのですが、しかし実際に死亡してしまうのは男性のほうが2倍も多いのです。

この理由は、男性のほうがより確実な自殺の方法を選ぶのと、人を操作するために自殺を用いることが女性ほど多くないからです。

何かの宗教を信仰している人でも自殺をします。大学生では、自殺は事故死に次いで、第2の死因となつています。3分に1回、だれかが自殺を図り、20分に1回、だれかが亡くなり3ます。自殺をする人には共通する特徴、経験が見られます。次にあげる10の症状が危険信号です。

自殺前に見られる危険信号(大事なサイン)

  1. 強烈な絶望感を感じている人。
  2. うつに見られるような、強烈な感情の痛みを持つ人。
  3. 45歳を過ぎた単身の白人男性。
  4. 自殺を企でたことがある人、あるいは人に自殺をほのめかしたことがある人(自殺をする人の10人のうち8人ははっきりした警告を出している)。
  5. 深刻な健康問題を抱えている人。
  6. 何らかの重要な喪失(配偶者との死別、失業などを経験していること。
  7. 具体的に自殺の計画を立てている人。プロセスは、自殺の考えがよぎり、自殺を真剣に考えるようになり、実際に実行する。
  8. 慢性的な自己破壊行為(アルコールや薬物の乱用など) をする人。
  9. 強烈な達成のニーズがある人。
  10. 過去半年の間にショックな出来事に遭遇した人。

自殺は非常に破壊的な行為です。その理由は、まず、

  1. 自殺を図る人の多くが、ものごとを現実的に見ることができずにいること。もし状況の真実が見えれば、あるいは問題は一時的なものであり、解決可能なものであることが理解できれば、自殺を選ぶことはないでしょう。セラピーを2ヶ月続けると、自殺思考が強かった患者は「自殺を考えていたなんて」と驚きます。
  2. 自殺のあとに残された子どもたち、親戚たち、友人たちへの影響が極めて大きいこと。子どもは親の自殺を自分のせいにします。また子どももまた親の例にならって、人生をあきらめ、自分が大人になって困難な状況に陥ったときに自殺を図ろうとしたりします。
  3. 自殺は他殺が罪であるように罪であるということなんじ「汝、殺すなかれ」という言葉は自他ともの命にあてはまります。自殺はけっして神の意志ではないのです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください