誰でもどんな人でもうつになる可能性がある

ある患者さんの例です。待合室に、一度も見かけたことのない若い女性がいました。診察室に呼び入れ、「どうしましたか」と聞くと、彼女は突如として涙をこぼし、いかに落ちこんでいるかを話し始めました。

うつと悲しみと絶望でどうにもならないと彼女は言うのです。つらい彼女にとって、受診は最後の手段であるかのようでした。この若い女性は、アメリカの一番の健康上の問題「うつ」を患っていました。

医師が診るうつの患者の数は、その他の心の問題を抱える人たちを全部合わせた数よりも多いのです。大半のアメリカ人は一生のある時期、深刻なうつを患います。

そして現在、アメリカ人の20人に1人がうつという診断を受けているのです。もちろんもっと多くの人がうつ状態にありますが、治療や援助を受けていません。ある推定によれば、アメリカの18歳から74四歳の人口のうち、2千万人がうつ状態だと言われています。うつは自殺のおもな原因であり、事実、うつを患った人の一五% が自殺を図ると言われています。

うつは今日アメリカの死因の10番目にあげられ、大学生の間では死因の2番目にあがっています。

うつは男性よりも女性に2倍多く見られ、また経済的にクラスが高い人々には3倍多く見られます。

たしかにお金で幸福は買えないことを、この数字ははっきりと証明しています! うつは普通40代、50代で発症しますが、幼児期から高齢者までストレスが多い時期にはいつでもおこり得ます

うつはあいまいな言葉です。一般の人たちはちょつとした気分の浮き沈みから、精神病までを含めてこの言葉を使っています。

私たちはみなこの中のどこかに入るわけで、うつの程度と幸福感は1日のうちでも時間により、また日により、ある程度行き来します。

いわゆる「臨床的なうつ」に陥っている人、つまりうつ症状ゆえに生理機能上の症候が現れている人たちを治療します。

うつは旧約聖書の時代から語られてきました。聖書にはヨブ、モーゼ、エリヤ、ダビデ、ジェレミアなどのうつ的な症状が記録されています。

最初にこの症状が記録されて以来、その状態は現在までずっと変わっていません。さて、ではどんな人がうつを患うのでしょう?実は、人生のある時期、ほとんどだれもがうつを経験します。

しかし、深刻なうつを患っている人でも、何とかつらさから抜け出る道、希望はあるはずです。

うつは普通、正しい治療と援助によって治ります。深刻なうつの経験者にも、今後はそれを回避できるという希望が必要です。

生理的理由によっておこるうつでさえも、治るまではいかなくても、大半は正しい処方薬とカウンセリングでコントロールできます。

現在つらい痛みを経験している人が楽になれるよう、そしてまただれもが人生でかならず直面する試練やストレスにも、できるだけその痛みが軽くあってほしいとい願っています。

幸福は、私たちが正しい道を選びさえすれば、手に入れることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください