早期・発見・早期治療

うつ病も早期発見、早期治療が大事

治療しないまま放置しておくと、重症化して治療が困難になり、自殺の危険性も高くなります。治療法が確立されているので、症状があったら早期に精神科を受診しましょう。

早期発見・早期治療が大原則
うつ病は、病気の重症化と自殺を防ぐために治療が必要です。
心の問題だからと気力でなんとかしようとするのは大間違いです。この病気は脳の風邪であり、脳にトラブルが起きているのがうつ病です。
そのトラブルを治す薬があるのですから、うつ病と思われる症状があったら早めに受診しましょう。
偏見や誤解をもたずに精神科を受診しよう
受診は、総合病院の精神科か精神科のクリニックがよいでしょう。精神科というといまだに抵抗かのある人が少なくありません。しかし、風邪をひいたら内科に行くのと同様です。

こんな様子ならうつ病を疑ってみる

うつ病の回復や再発予防には、周囲の人のサポートも必要です。病気のサインは、本人よりむしろ周囲の人のほうが先に気づくことも多いので、まず周囲から受診をすすめてあげる必要があります。

苦しくてもまわりに助けてを求めることが多い
症状が軽いうちは、本人は心身の変化を感じないことがあります。
また、変調を自覚しても周囲の迷惑をかけたくないと思い、あまり助けを求めません。
しかし、周囲の目には、口数が少なくなってイライラしている。仕事の能率が落ちたり、ミスが増えたりして弱きな言動が増えたりします。明かにいつも違うとわかります。
理論的に説得するのがよ方法
本人に聞いても、「大丈夫」というでしょうかが、うつ病の疑いがあることやきちんと治療すれば治ることを説明し、休養や受診をすすめます。
うつ病になりやすい人はまじめなのできちんと説明すれば聞いてくれます。
自殺という最悪の事態を防げるかどうかは周囲がいかに早く気づくかにかかっています。

「コラム」ほほえみうつ病

うつ病なのに、顔はいつもにこにこしている場合があります。これを「ほほえみうつ病」と呼ぶことがあります。ほんとうはとても苦しんでいるのですが、必死に努力してほほえんでいるのです。
これも、うつ病になりやすい人の性格からといえます。周囲に気を遣い、なんでもまじめに一生懸命やってしまうのです。

こんな様子に注意

  • だらしない印象になってきた。うつになると入浴や身だしなみに気を使わない
  • 絶対におもしろいはずのことでもつまらなそうにしていて笑顔にならない
  • いつもきちんとやっていたことができなくなり、ぼーっとしている。
  • じっとしていられなくて不機嫌な顔で同じところをうろうろしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください