精神療法

自分に合った療法を根気よく続ける

うつ病の治療は、休養して薬をのめば終わりというものではありません。ストレスがきっかけになっている.ので、さまざまな精神療法をおこない、本人自身に心の問題に気づいてもらいます。

医師と患者が双方で共に考える
精神療法というと特別な療法をイメージするかもしれませんが、基本は医師と十分に話し合うことです。
医師はすぐに役立つようなアドバイスをしたり、生き方を導いてくれるわけではありません。あくまで患者さんにあります。
生活のこと、考え方などを医師に話しておきます。
それによって患者さん自身が自分の心のあり方に気づき、自分に自信をもったり、今後の生活の仕方などを考えて考えていくのです。
すぐに効く方法などはない気長に。
精神療法はさまざまあります。どの方法を用いるかは医師の流儀によりますが、いずれにしても一朝一夕に効果が現れるモノではありません。
各種の精神療法は受け身のものではなく、あくまで患者自身の気づきを助ける手段なのです。

主な精神療法

家族療法
患者本人だけでなく家族もともに受ける
認知療法
うつ病の治療のためにつくられた療法
森田療法
古くからある日本独特の精神療法
音楽療法
音楽を聞いたり演奏したりしてリラックスし心を癒やす
バイオフィードバック
機械を用いてリラックスする訓練
行動療法
行動主義心理学に基づく行動訓練
カウンセリング
カウンセラーと話し合ううちに自分で立ち直らせる
箱庭療法
砂や木、石などを使って箱庭をつくる。
内観療法
自分の心を静かに見つめることで問題点に気づかせる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください