物理療法

電気を理ようした物理療法も有効な手段

電気などで脳に物理的な刺激を与え、神経伝達物質の状態を改善する治療法があります。抗うつ薬があまり効かない場合などに大変効果を発揮します。

これまでの通電療法が改善されている
かねてから精神科には脳に通電して刺激する治療法がありました。かつては一般にあまりよいイメージをもたれていませんでしたが、現在ではこれまでの手法より安全に改良した、修正型通電療法が確立しています。
効果的で安全な修正型通電療法
修正型通電療法は、抗うつ薬が効きにくく、自殺する可能性の高い方には有効です。以前の修正型通電療法では電気を通すと全身がけいれんを起こすという問題がありました。しかし、修正型通電療法では通電前に筋肉を弛緩させる薬を使用するのでけいれんは起きません
体はけいれんしませんが、脳では電気の刺激でけいれん発作と同じような反応が起きます。それにより、セロトニンの働きが活性化されます。
入院治療
修正型通電療法は、入院し、全身麻酔をかけて行われます。早急な治療が必要なときは週3回以上、それ以外は週1~2回全部で6~10回通電します。

磁気刺激TMS

電気のかわりに磁気を脳に起こる治療法があります。頭部に磁気コイルをのせ、強力な磁気を100回ほど脳に送ります。磁気は皮膚や頭蓋骨を通ると脳内で電流になり、通電療法と同じような効果が得られます。
この治療法のメリットは、危険性がないので、入院せずに外来で行えます。
音や振動も感じることがなく受けられます。健康封建は適用外ですが、欧米では盛んに行われ一定以上の効果を得ています。

光刺激療法

人工的な強い光を2時間くらい当てる治療法です。
うつなどの感情障害や睡眠障害に効果があります。
季節的にうつがあらわれるようなタイプの場合、朝に光を照射すると比較的効果があらわれやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください