糖質(炭水化物)血液をネバつかせる「甘いもの」は控える

疲れているときに、甘いものがほしくなることがありませんか?甘いものは糖質の一種で、即効性のあるエネルギー源になります。でも、食べすぎは禁物です。

甘いものほど、消化・吸収されやすい

私たちは、ブドウ糖という燃料を燃やしてエネルギーをつくっています。このブドウ糖をはじめとする「単糖」が、つながってできたものです。ごはんもケーキも、糖質をたっぷり含むという点では同じです。

ごはんとケーキは似ても似つかないイメージを持っている人も多いかもしれません。たしかに、甘さが全然違います。糖質の仲間には、単糖類、単糖が2個つながった2糖類、たくさんつながっている多糖類の3つの種類があります。

糖のつながりが少ないほど、甘味を強く感じます。ごはんに含まれる糖質は、でんぷんという多糖類、ケーキにたっぷり含まれた砂糖は二糖類。どちらが甘いかは、いうまでもありませんね。糖質は、すべて単糖に分解されて吸収されます。たくさんつながっていれば、それだけ消化・吸収にかかる時間が長くなります。

逆に、砂糖のような二糖類は、消化・吸収のスピードが速くなります。即効性の高いエネルギー源という利点はありますが、半面、急激に血液中の糖分が高まってしまうおそれも。血糖の高まりは、血液を汚す原因のひとつです。

摂取量

総エネルギー量の50% 以上は糖質からとるようにします。主食をしっかり食べていれば、このくらいの割合になります。

穀類、イモ類などを主体に

ケーキや果物などの甘いものは、すぐに消化・吸収されてしまうため、急激に血糖値を上げるもとに。エネルギー源の補給には、甘いものより、穀頬やイモ類を活用して。
でんぶんなどの多糖類は、分解されにくいため、消化・吸収のスピードがゆっくり。食物繊維が多いこともあって、血夜が汚れにくいという特徴があります。主食をしっかり食べておけば、甘いものがほしくなる回数も減るはずです。

主食を胚芽米に変える

エネルギー源になるごはんは、白米より胚芽米がおすすめです。胚芽米は、胚芽米は、胚(種子が発芽する部分)を残した米のこと。この胚芽米を1~2時間水につけておくと、ギャバ(γ-アミノ酪酸)という成分がつくられます。
ギャバには、脳の血流をよくす終審凍る働きや、血圧を下げたり、中性脂肪を減らしたりする作用があります。どうせなら、大きなエネルギー源になる主食を胚芽米に変えて、ギャバの効果も活用しましょう。

タンパク質 大豆を活用しながら適量摂取を

たんばく質は血液や血管をつくる材料。欠乏すれば大問題。だからといって、とりすぎても血液を汚す原因に。過不足なくとることが大切です。

量はもちろん「なにからとるか」も大事

たんばく質は白血球の主成分。欠乏すると免疫力が低下してしまいます。赤血球にも影響が現れます。細胞膜がうまくつくれなくなるため、トゲトゲのあるかたい赤血球が増えてきます。

逆にとりすぎると赤血球同士がくっつきやすくなり、ビョーンと伸びたレモン型に。進行すれば赤血球がベタベタとつながりあい、流れにくさの原因になることさえあります。

過不足なくとること。これが、まず第一の課題です。それに加えて、「なにからとるか」にも注意を。たんばく源というと、ついつい、肉や魚、卵などの動物性食品にかたよりがちではないでしょうか。もちろん、こうした食品も必要ですが、植物性たんばく質の代表選手、大豆や大豆製品も忘れたくないところ。

大豆には、コレステロールの上昇を抑えるイソフラボンや、コレステロールの排泄を促し、血小板の凝集を防ぐ大豆サポニン、さらに、悪玉コレステロール(LDL )が血管壁にくっつかないように働くレシチンなど、血液をきれいに保つ成分がたっぷり含まれているからです。

摂取量

1日あたり、50~70g。多すぎれば血液の汚れをすすめる原因に。少なすぎると風邪をひゆやすくなっったり血行が悪くなります。

大豆の栄養を最大限にとりこむ豆もやし

肉、魚、卵、そして大豆製品、1日で全種類とるように習慣化する

たんばく質は、アミノ酸が集まってできたもの。アミノ酸には、人間の体内でつくることができず、どうしても食べものからとらなければならないものが9種類あります。これを「必須アミノ酸」とよんでいます。肉や魚、卵、大豆製品は、必須アミノ酸をバランスよく含む良質のたんばく源。
1日で全種類とるように心がけましょう。

常備食に納豆を!「ナットウキナーゼ」が血栓を溶かす

大豆をとるときは、納豆の活用がおすすめです。というのも、納豆には、大豆そのものがもつ成分に加え、発酵の過程でできるナットウキナーゼも含まれているから。
ナットウキナーゼには、血栓を溶かす強い作用があり、その効果は血栓治療に使う薬品にもひけをとらないほど。サラサラ血液には欠かせない存在といえます。
ナットウキナーゼの作用は約8時間続きます。夕食に納豆を食べるようにすれば、朝方、血液のネバネバ度が増して生じる血栓防止に効果的です。
ナットウキナーゼで血栓症を予防

これがなくては血液の汚れが解消できない「水」

水分不足は血液をドロドロにするもと。水分は、飲んでいるようで意外に足りていないもの。十分な水分補給こそ、血液をきれいにする第一歩です。

寝る前に1杯、起き抜けにもコップ1杯の水を飲む習慣を

血液を汚す大きな原因に、水分不足があります。からだの水分が不足すると、血液もねばねばしてきます。水を飲むことこそ、血液をきれいにする「初めの一歩」。

食事に含まれる分を含め、1日に1.5~2.0リットルは必要です。ドロッと赤血球がつながってみえる人も、水をたっぷり飲むだけで、サラサラと流れやすい血液に変わる場合があるほどです。

とくに心がけたいのは、就寝前と起床直後の水分補給です。血液のネバネバ度は朝方に高まりやすい傾向があります。眠っている間は、当然、水分補給できません。

けれど、発汗などによってからだの水分は蒸発していきます。もともと、きれいとはいいがたい状態の血液だと、血栓ができてしまうおそれすらあります。

寝る前に1杯、起き抜けにも1杯の水を飲むこと。だれにでもすぐできて、しかも効果の高い方法ですから、ぜひ習慣にしてください。寝る前の水分補給は「トイレが近くなるのはイヤ」と、ためらいがちですが、微量の食塩を加えれば、水はぐっとと吸収されやすくなります。
桜島活泉水で血液さらさら | 健康&美容

微量の塩を加えた水はコーヒーや緑茶にもおすすめ

微量の食塩(ナトリウム)を加えた水なら、からだに吸収されやすくなります。吸収がよいという点では、ナトリウムをはじめとするミネラル類が添加されたスポーツドリンクも同じです。
でも、市販のものは糖分も多いので、大量にとるのはさけてください。ポリフェノールを含む緑茶やコーヒーで水分を摂取するのもいいでしょう。ただし、利尿作用のあるカフェインも含まれますのでせっかくの水分摂取なのに体から尿として排泄されてしまいます。

就寝前後コップに1 杯、食間に1~2 杯ずつ。食事には汁ものを

寝る前、起き抜けには水が最適。食後、食間にホッとひと息つきたいときには緑茶、コーヒーがよいでしょう。就寝前後の水と1 日合計で4~5 杯の緑茶とコーヒーに加え、毎食、食事に汁もの(みそ汁、スープなど)をとるようにすれば、無理なく目標量を達成できます。

脱毛・薄毛 髪は血液に養われる

髪のコシやハリ、ツヤがなくなってきた、抜け毛が多い、薄くなってきたと、お悩みのあなた。いきいきとした髪にも、皮膚と同様、健康な血液が必要です。

頭皮の血行がわるいと髪は育たない

髪の毛は、頭皮の内側にある毛根から生まれます。毎日わずかずつ長くなり、成長が止まると抜け落ち、そのあとからまた新しい毛がはえてきます。

この一連のサイクルのなかで、髪を成長させているのは毛根の根元にある毛母細胞です。毛母細胞が、さかんに細胞分裂をおこなっていれば、ハリ、コシ、ツヤのある若々しい髪が育ちます。毛母細胞の活発な活動に必要なのは、やはり十分な酸素と栄養素です。それらを運ぶ血液の状態が、髪の状態を左右するのも当然ですね。血液がドロドロして汚い状態では、血の流れがわるくなると同時に、血液中によぶんなものが多く含まれているので、十分な酸素や、髪をつくる成分のたんばく質やビタミン類、ミネラル類などが、毛母細胞にうまく届かなくなってしまいます。

薄毛や脱毛が気になりはじめたら、頭皮をマッサージするなどして血液循環をよくするとともに、食べすぎや栄養バランスなどに注意し、血液をきれいにしておくことも大切です。

シルクアミノは気になる頭皮の血流をアップさせ艶やかなコシのある髪質にかえてくれる

肌の悩み 皮膚と血液には密接な関係が

くすみ、シミ、たるみ外側からのケアだけでは、気になる肌のトラブルは解消できません。根本から解消するには、肌に栄養を送る血液の状態をよくすることが必要です。

スムーズな「生まれ変わり」には、きれいな血液が必要

私たちの皮膚は、つねに新しくつくり変えられています。新しい皮膚細胞が表皮の奥で生まれ、押し上げられて、アカとなってはがれ落ちるまでには、約28日かかります。この28日周期の新陳代謝がスムーズなら、ツヤやハリ、うるおいのある肌を保てるわけです。

逆にいえば、新陳代謝の乱れは肌の状態を悪化させてしまいます。肌の調子を整えるカギも、やはり血液です。皮膚細胞が次々と新しいものこんな状態では毛細血管を流れにくくなるに生まれ変わるつまり、表皮の奥で生まれる若い細胞たちが元気に活動するために必要な酸素と栄養素は、血滴が運んでいるからです。皮膚細胞を養う血液の通り道は、細い細い毛細血管です。

よぶんなものがいっぱいの汚れた血液では、スムーズに流れることができません。新鮮な酸素や、ビタミンC、コラーゲンといった肌の健康に必要な栄養素が、うまく細胞に届かなくなってしまいます。つまり、肌の悩み解消には、血液の状態を改善することが欠かせないのです。

生まれて、はがれて、28日周期でくり返す

肌の調子がわるいと、化粧品を変えてみたり、薬を塗ってみたり「外側からなんとかしよう」と思いがちですが、それだけで悩みを解消するのはむずかしいでしょう。
血液の状態を整え、28日周期の新陳代謝を保つことこそ、肌の悩みを解消する秘訣といえます。

低GI食は便秘、美肌にも効果あり

頭痛、めまい 血圧が不安定だと起こりやすい

だれでも一度や二度は、頭痛やめまいを経験しているはず。いろいろな原因が考えられますが、血圧が不安定になると生じやすい症状でもあります。

血圧は高すぎても低すぎても原因に

頭痛やめまいの原因はいろいろです。睡眠不足やストレスで、めまいが起こることもありますし、風邪で頭痛がしたり、女性の場合、女性ホルモン(エストロゲン)の影響で、片頭痛に悩まされることもよくあります。

血圧が高くなると、頭痛や頭重感、めまいなどが現れることがあります。気をつけなければならないのは、めまいだけでなく、手足がマヒしたり、ろれつが回らなくなったりする症状もあるとき。この場合は脳梗塞や脳出血などの可能性があるので、すぐに受診が必要です。

逆に、血圧が低くなったときも、頭痛やめまいなどの症状が起こってきます。横に寝た状態から急に立ち上がり、立ちくらみやめまい、ひどい場合には失神などを起こしたことはありませんか? これは「起立性低血圧」といかしわれるもの。下肢の静脈の収縮力が弱いために、立ち上がったときに血液が心臓に戻りにくくなり、その結果、心臓から出ていく血液量が減少して、めまいなどが起こってしまうのです。

殴られるような痛みはすぐ病院へ

突然、金属バットで殴られたような激しい頭痛が起きたときは、くも膜下出血がうたがわれます。吐き気や嘔吐をともなうこともしばしばあり、意識がなくなって倒れたり、けいれんを起こしたりすることもあります。すぐに治療を受けないと、命に危険がおよんでしまいます。
脳卒中はこちら。

肩こり 血行悪化で「疲労物質」増加

がんこな肩こり。これも血行不良が原因です。よどんだ血液に「疲労物質」がたまるために、不快症状が発生します。つまり、これまた血液の汚れが原因といえるのです。

放っておけば不快症状はさらに増す

放っておけば不快症状はさらに増す長い時間、同じ姿勢でデスクワークなどをしていると、首や肩の筋肉が緊張してきます。そのまま筋肉を動かさずにいると、筋肉の中を走る血管も縮んで血液の流れがわるくなり、筋肉に十分な酸素が届けられなくなります。

そうなると、筋肉の活動に必要なブドウ糖が不完全燃焼を起こし、乳酸などの老廃物(疲労物質)がたまることに。これが疲労感のもとです。疲労物質は神経を刺激をするため、痛みも発生します。痛みが起こると、反射的に肩や首の筋肉がこわばり、さらに筋肉の緊張が高まるため、ますます疲労物質がたまりやすい状態になっていきます。

こうなる前に、首や肩の筋肉を動かしたり、温めたりして血行をよくしておきましょう。同時に、流れやすい、きれいな血液を保つことも重要です。プラークだらけの血液では、運動温め効果も半減してしまいます。
デスクワークの人は特に体を動かすことを意識します。

冷え症 血行の悪さが最大の原因

手足が夏でも冷たい、足が冷たくてなかなか寝つけない、しもやけになりやすいなど、冷えの悩みは手足を中心に起こります。その最大の原因は、血行不良です。

ドロドロ血液は手足の末梢まで流れにくい

なぜ冷えるかというと、まず、からだがつくりだすエネルギー、つまり熱の量が少ないことがあげられます。これには食事の量の不足やバランスのわるさ、運動不足などが関係しています。

また、つくられた熱を運んでいるのは血液なので、その流れがわるくても冷えやすくなります。心臓から遠く、血管の内腔も狭い末梢血管ほど血行不良になりがち。
だから手足の先はもっとも冷えやすいのです。血行不良は、自律神経のバランスの乱れなど、さまざまな要因が絡みあって起こりますが、ドロドロとした血液も流れにくくなる要因のひとつです。

からだの冷えは、頭痛、肩こり、肌荒れ、のぼせ、むくみ、頻尿、食欲不振、下痢、便秘、腰痛、月経不順など、全身にいろいろな不快症状を起こします。
しかし、手足の冷えが解消すれば、ほかの不快症状もやわらいできます。末梢血管の血のめぐりがよくなるということは、からだ全体の血液循環がスムーズになることにほかならないからです。
ドロドロだけでない!ベタベタ、ギュウギュウ、ギトギト、スカスカ血液はリスクが高い

足の動脈硬化が原因の場合も

足先の血流を悪化させる原因のひとつに、足の血管に起こる動脈硬化、「閉塞性動脈硬化症」があります。足に十分な血液が行き渡らなくなるため、足が冷えたり、しびれたり、歩くとふくらはぎや太ももの後ろに痛みを感じたり、ふくらはぎがつったりするようになります。
悪化すると、血液が届かなくなった末端の組織が死んでしまい、場合によっては足を切断しなければならないこともあるほど。冷えだけでなく、しびれ、歩行時の筋肉痛などがあるときは、早めに受診しましょう。

手足の冷えを解消するポイント
もむ

手足の先には、血行回復に効果があるといわれるツボが点在しています。手足をマッサージする習慣をつけましょう。

食べる

エネルギーのもとは食べもの。食べものが消化吸収されて、エネルギー、つまり熱がつくられます。食事量が少なかったり、量は十分でも消化吸収がうまくいかなかったりすると、つくられる熱の量が少なくなってしまいます。消化のよい食べものを、十分とるように心がけましょう。

歩く

筋肉が活動するときには熱がつくられます。運動不足では、熱の生産量が落ちてしまいます。歩いて熱を発生させましょう。

温める

温まると血管は広がります。血液もそれだけ流れやすくなります。入浴はもちろん足だけ湯につけて温める足湯も効果的です。足だけでなく全身が温まります。くるぶしが十分隠れるぐらいの湯量、少し熱く感じる程度の湯温が最適です。
体温をあげる

貧血 さらさらしすぎ血液もダメ!

サラサラ流れていれば、血液はきれいなベストな状態…なんて思っていませんか?じっは、そうともいいきれません。サラサラしすぎは、貧血のうたがいがあります。

全身、酸素不足で疲れやすくなる

貧血とは血液が薄くなっている状態のこと。正確には、血液中の赤血球に含まれるヘモグロビンの量が減少して、全身の細胞が受け取る酸素が足りなくなってしまった状態です。

貧血のなかでいちばん多いのは、鉄分の不足で起こる鉄欠乏性貧血です。赤血球の大部分を占めるヘモグロビンは、おもに鉄分とたんばく質からできているので、体内の鉄分が足りないと、材料不足で減ってしまうのです。鉄欠乏性貧血は女性に多くみられますが、高齢の男性にも少なくありません。
貧血の予防と治療

貧血になると、顔色がわるくなったり、口の中の粘膜やまぶたの裏側が白っぽくなったりします。動悸、息切れ、立ちくらみ、めまい、耳鳴りなどの症状が起こることもあり、また、とても疲れやすくなります。粘り気の強いドロドロした血液は、全身にわるい影響をおよぼします。でも、貧血のように血液が薄くてサラサラしすぎている状態も、決してよくくはないのです。

貧血のタイプ

  • 材料不足
    鉄やどタミンB12の欠乏で赤血球がつくれない(鉄欠乏性貧血、悪性貧血など)
  • 骨髄の異常
    骨髄の異常によって赤血球がつくれない(再生不良性貧血)
  • 壊れやすい
    赤血球はできるが寿命が短くなってしま
    う(溶血性貧血)
鉄欠乏性貧血の原因

女性に多いイメージがありますが、男性にもあてはまる原因がいろいろあります。

どんどんなくなる

胃、十二指腸、大腸など消化管からの出血、痔からのたびたびの出血、女性の場合は月経血や分娩時の出血など、失われる血液の量が多いと、鉄欠乏を起こします。

使う量が増えた

妊娠中の女性は、おなかの赤ちやんが使う分だけ、必要な鉄の量が増えるため、食事に十分注意していないと貧血に。授乳期間も、母乳のなかに栄養分を送り込むため、やはり貧血になりがちです。

吸収が悪い

胃を切除するなど、消化管の機能が低下すると、鉄分の吸収がわるくなります。それが原因で貧血になることもあります。

エコノミー症候群 遠距離移動時に注意したい

「ロングフライト血栓症」という病気を知っていますか?「エコノミークラス症候群」と聞けば、「ああ、アレね」とピンとくる人も多いのではないでしょうか。

乾燥によるドロドロ血で危険が増す

飛行機などで遠距離移動をしたときには、長時間、同じ姿勢で座っていなければなりません。その場合、足の静脈の血が流れにくくなり、膝の裏あたりの静脈に小さな血栓ができることがあります。
その血栓が静脈を通って肺まで流れていくと、肺の細い血管に詰まって、息苦しさや胸の痛みを感じるようになります。これがロングフライト血栓症です。

おもな原因は、長時間、足を動かさないでいることと、乗物内の乾燥です。足を動かさず血液の流れがわるくなると血栓ができやすくなります。また、乾燥によって体内の水分が失われていくと、血が濃くなって血液の粘り気が増します。これも血栓ができやすくなる一因です。

乗物内で足を動かすこと、そして移動中はこまめに水分補給、これが発症を防ぐポイントです。肥満ぎみの人や、大きな手術を受けた人、過去に血栓ができたことがある人、激しいスポーツで足の血管が痛んでいる人などは発症しやすいので、とくに予防を心がける必要があります。

昔の呼び名のほうが知名度が高い

「エコノミークラス症候群」という名称で知られるようになりましたが、飛行機のエコノミークラスに乗った人だけでなく、ビジネスクラスや、ファーストクラスに乗っていても起こるケースもあるため、最近は「ロングフライト血栓症」とよばれるようになってきています。
長距離列車、長距離バスでの移動でも、まれに発症することがあります。長旅のあと、気になる症状があれば、すぐに病院へ。病院では、血栓を溶かすための治療をおこないます。

エコノミークラス症候群 | 桜島 活泉水による水分補給の効果

水分補給と足の運動で防げる

1 時間に1回は水分をとろう

1時間ごとにコップ半分ほどの割合で、水やジュースを飲むようにしましょう。コーヒーやアルコールには、水分を尿として出してしまう作用があるので、飲みすぎに注意。

ペットボトルを持参

眠っていて機内サービスを受けそこねた、ということも。飛行機に乗り込むときには、水分補給用に水や茶などのペットボトルを持参すると安心です。

足を動かす

1時間に1回、3~5 分くらい、かかとやつま先を上げ下げしたり、足首をくるくる回したり、左右の足で足踏みしたりしましょう。毎回、最後に深呼吸をすればより効果的。