感染症 血液中には細菌やカビがうようよしている

病原体という困った存在もまた、血液の汚れのひとつ。血液中の白血球が汚れを解消するために働いていますが、病原体の勢力が強いと感染症が起こってくることに。

さまざまなルートでからだに入り込む

感染症は、外から体内に侵入してきた病原体が原因で起こる病気です。私たちのからだは、血液中の白血球などによって、体内に入ってきたカビや細菌などの病原体が増殖したり、毒をつくりだしたりするのを防御していますが、病原体の勢力のほうが強い場合は感染症が起こってしまいます。

そうなると、細菌やカビが血液中にウヨウヨ浮遊することに。病原体は、さまぎまなルートで侵入してきます。たとえば、風邪やインフルエンザ、などは病原体をもった人が咳や会話をしたときに病原体が飛び散って、それを空気といっしょに吸い込んで感染します(飛沫感染)。

病原体によっては水などの飲み物や食べ物にまじって口から入ってきたり(経口感染)、性行為などで患部にじかに触れることで侵入したり(接触感染)、皮膚の傷口などから入ってきたり、蚊やノミなどに刺されたりして感染することもあります(桂皮感染)。白血球の働きだけでは不十分なら、薬の助けを借りてでも退治しなければならない汚れです。

異物hが入ると酸化がすすみやすい

白血球は、病原体を攻撃するために、自ら活性酸素をつくりだして「武器」とします。活性酸素の強力な酸化作用で、病原体の力を弱めようとするのです。しかし、同時に正常な組織まで酸化が進む危険もアップすることに。感染症をくり返せば、血液や血管の状態を悪化させてしまいます。

感染を引き起こす病原体

タイプ 病原体 病気 感染ルート
原虫 リケッチア 発疹チフスなど シラミを媒介に経皮感染
  梅毒トレポネーマ 梅毒 性行為
細菌 赤痢菌 赤痢 経口感染
  結核菌 結核 飛沫感染
  百日咳菌 百日咳 飛沫感染
  チフス性サルモネラ菌 腸チフス 経口感染
  溶血連鎖球菌 咽頭炎、気管支炎、猩紅熱など 飛沫感染
  クラミジア クラミジア感染症 性行為など
  マイコプラズマ マイコプラズマ肺炎など 飛沫感染
ウィルス 肝炎ウィルス 肝炎、肝ガンなど 経口感染、性行為
  HIV エイズ 主に性行為
  HTLV-1 成人T細胞八つ病 母乳など
  インフルエンザウィルス インフルエンザ 飛沫感染
カビ カンジダ 膣炎など 性行為など
寄生虫 アニサキス アニサキス症(腹痛) 経口感染

腎機能の低下 機能不全になれば命にもかかわる

腎臓は、血液の汚れをとって排泄する「下水処理工場」の働きをしています。処理する相手が手強ければ、それだけ工場の故障も起こりやすくなります。

腎臓は汚れた血液の影響を受けやすい

血液の汚れが強くなると、濾過して捨てなければならない老廃物が増えたり、濾過装置を詰まらせる物質が出てきたりします。

腎臓に大きな負担がかかると同時に、その働きも低下しがちに。また、血圧が高い状態が続いていると、腎臓の細い血管に動脈硬化が起こってきます。これも腎機能を低下させる原因になります。

動脈硬化で細い血管が狭くなると、流れる血液の量が減り、濾過されて尿とともに排泄されるはずの老廃物が血液中に残ってしまうようになりますし、血液の循環がわるくなった腎臓は、循環をよくするために血圧を上げるホルモンを分泌し、さらに血圧を上げてしまうという悪循環も引き起こします。

このようにして、腎臓の機能低下がどんどん進んでいくと、老廃物を排出できなくなる腎不全になり、もっとひどくなると老廃物が体内にたまって全身の臓器や組織がおかされる、命にもかかわる尿毒症が起こってきます。

糖尿病性腎症が急増

糖尿病も腎機能の低下をまねく大きな要因になります。高血糖の状態が何年も続くと、腎臓の細い血管が傷んで腎機能がだんだん低下してきます。これを「糖尿病性腎症」といいます。

腎症になると、まず尿中にたんばくが排泄されるようになります。腎不全にまで進むと、人工透析をして血液中の老廃物を取り除く必要がでてきます。毎年1万人を超える人が糖尿病性腎症が原因で人工透析を始めており、しかも年々増加中。現在では人工透析を始める理由のトップになっています。

純炭粉末はAGEを排除し腎不全・脳卒中・心筋梗塞を予防する

肝機能の低下 高脂血症は肝臓の病気

腸から吸収された栄養分に富んだ血液の化学処理をおこなっている肝臓。肝臓の働きと血液の汚れぐあいは、密接に関係しています。

コレステロールや中性脂肪の多くは肝臓がつくっている

高脂血症といわれる、血中にコレステロールや中性脂肪などが過剰にまじった状態は、汚れた血液の代表例といってもよいでしょう。

じつはこれ、肝臓がつくった状態ということもできます。コレステロールや中性脂肪は、実際に食事でとる量より、あまったブドウ糖やアミノ酸から、肝臓がつくりだす量のほうが多いのです。
過剰な栄養分でいっぱいの血液が肝臓に運ばれれば、それだけ肝臓の仕事は増えます。よぶんな栄養を、せっせとコレステロールや中性脂肪に変えるため、血液中の脂質が増えることに。仕事量の増加で、肝臓自身にも負担がかかります。肝臓に中性脂肪が異常にたまってしまう脂肪肝は、肝機能を低下させます。

長い間、大量のアルコールを飲み続けている場合も、脂肪肝が起こってきます。汚れた血液で肝機能が低下すれば、血液の処理がうまくいかなくなり、ますます血液の汚れは進んでいく…そんな悪循環が起こりかねません。

シジミが効かない人は強肝草エキス「肝宝垂盆草」

痛風 原因は血中の過剰な「尿酸」

「風が吹くだけでも痛い」といわれるほど、激烈な痛みを起こすことで知られる痛風。「尿酸」という血液中の汚れが原因で、働きざかりの男性に多くみられます。

汚れ解消のために痛みが起こる!

足の親指などの関節に猛烈な痛みを起こす痛風は、血液中に尿酸という物質が過剰にたまる、高尿酸血症がベースにあって発症します。

細胞はつねに新しく生まれ変わっていますが、古い細胞が壊れるときに、プリン体という物質ができます。このプリン体が分解されてできるのが尿酸です。

つまり、尿酸は老廃物のひとつというわけです。尿酸は尿や便とともに排泄されるので、ふつう血液中の濃度は一定に保たれています。

でも、腎臓での尿酸排泄能力が低下したりすると、血液中のよぶんな尿酸が結晶となって関節にたまります。尿酸の結晶を異物とみなした白血球(マクロファージ)が、これを食べて処理しようとするのですが、結晶を食べきれずに破裂すると、マクロファージがもつ炎症を起こす物質が関節内にばらまかれて、痛みが生じるのです。

痛風になりやすい人は、高血圧や高脂血症、糖尿病や心臓病、脳梗塞などの合併症を起こす危険性も高いので、適切な治療が必要です。

総コレステロールや悪玉コレステロールを自然素材で下げる「コレステ生活」

糖尿病 過剰な糖は汚れでしかない

血液中のブドウ糖(血糖)は、全身の細胞のエネルギー源。でも、増えすぎると血管を傷つけるもとに。血糖が増えすぎる病気、糖尿病には注意が必要です。

血管の傷みをまねく過剰なブドウ糖

全身の細胞がブドウ糖を利用するためには、膵臓から出るインスリンというホルモンの働きが必要です。インスリンの働きがわるくなると、ブドウ糖が利用されにくくなり、血液中に漂うことに。これが糖尿病の状態です。

血液中の過剰なブドウ糖は、血管壁にくっついて血管壁のたんばく質と化学反応を起こします。このとき発生する活性酸素が血管壁を傷つけます。
こうしてできた傷は、アテローム性動脈硬化症のきっかけのひとつになります。また、血糖を養分に、血液中に入り込んだカビや細菌が繁殖しやすい状態になります。

これを排除しようとして白血球が集まり、プラークをつくったり、酸化をさらに進める危険もあります。糖尿病は、腎臓、目などの細い血管だけでなく、心臓や脳の血管にもダメージを与えます。血液中の過剰な糖は、血管を傷めつける汚れでしかないということはあきらかです。

糖尿病 | 健康メモ

動脈瘤 血液の逆流がまねく静脈のコブ

足の静脈がぼこっとコブのように浮き出る静脈瘤。中年以降の子どもを産んだ経験のある女性に多くみられます。静脈の血液の流れにくさが、コブのもとになってしまいます。

長時間の立ち仕事は避ける

静脈には、逆流を防ぐために心臓の方向に開く弁があります。ただ、静脈の場合、動脈と追って血液の流れがゆるやかです。そのため血液がよどみやすく、血液がたまって静脈内の圧力が上昇したり、弁に障害が起きたり、静脈壁の内膜が傷ついて血栓ができたりすると、血液の逆流が生じ、静脈の一部がふくらんでコブをつくることがあります。これが静脈癌です。

静脈癌は足の静脈によく起こります。立った姿勢では、青いコブがボコッともりあがっているのが目立ちますが、足を持ち上げて寝ると、コブは消えます。

また、立ったままでいると、だるくて重苦しい痛みが出ますが、歩くと症状が少し改善されます。軽症なら、長時間の立ち姿勢をさけて足を持ち上げるようにし、マッサージなどで静脈の流れをよくします。症状が強く、皮膚にも変化がみられるようなら、静脈癌を取り除く手術が必要になります。

動脈瘤 破裂すれば命にかかわる場合も

動脈にできるコブ、つまり、動脈の壁が弱くなって、部分的あるいは全体的にふくらんだ状態が動脈瘤です。ときには命にかかわる事態になることもあるため、治療が必要です。

コブをつくる要因のひとつは、やはり動脈硬化

動脈硬化の血液はこちら
動脈は、血圧によって広がろうとする内側からの力に対して、血管壁の平滑筋や弾性線維などが収縮することによって、形を保っています。

しかし、内側からの力が強まったり、平滑筋や弾性線維になんらかの障害が起きると、血管がふくらんでコブができます。この場合、動脈壁の三層構造(内膜、中膜、外膜)は保たれていますが、動脈壁の層がはがれできる、特殊な動脈瘤(解離性動脈瘤) もあります。どちらのタイプの動脈瘤も、動脈硬化や高血圧があると起こりやすくなり・ます。

外傷、からだの組織をつなぐ結合組織の弾力性が生まれつき弱いことなどが原因で起こることもります。動脈瘤が破裂したり、中膜のはがれが進んだりすると、命にかかわることもあるので、早急な治療が必要です。

脳血管疾患「詰まる」「破れる」の2タイプある

脳の血管に起こる動脈硬化もまた、命を奪う危険があります。脳血管疾患のなかで、もっとも多くみられる脳梗塞は、太い血管にできる動脈硬化がもとで起こります。

栄養過剰、栄養不足、どちらも危険

脳血管疾患には、2つのタイプがあります。1つは、脳の血管が詰まり、そこから先の血流が途絶えて脳細胞が死んでしまうタイプ、

そしてもう1つは、脳の血管が破れて脳内に出血するタイプです。どちらにしても脳細胞が壊れる範囲が広くなれば、命にかかわる危険な状態になります。

脳血管疾患のなかで、もっとも多くみられるのは、詰まってしまうタイプの脳梗塞です。栄養過剰で汚れた血液は、脳の太い動脈にもアテローム性動脈硬化症をつくる危険があります。

脳梗塞の前ぶれとして、一時的に、半身マヒ、手足のしびれ、舌のもつれ、視力障害などの症状が現れることがあります。「1日くらいで治った」と安心は禁物。

気になる症状があったら、すぐに病院に行くようにしましょう。脳出血は、高血圧が原因で起こることが多く、脳内の細い血管が弾力性を失って破れ、出血するものです。詰まるタイプと反対に、コレステロール不足のために血管の壁がもろくなってしまうのです。

アスピリンが血栓防止に

解熱鎮痛薬としてもちいられるアスピリンには、血栓を溶かす作用があります。でも、脳梗塞を予防したいからといって、自己判断でアスピリンを安易に服用するのはよくありません。
出血が止まりにくくなるからです。万一、脳出血が起こったような場合に、ふだんからアスピリンを常用していると、なかなか出血が止まらず、命に危険がおよぶ事態になりかねません。

詰まる

  • 脳梗塞
    脳の動脈が動脈硬化を起こして狭くなり、やがてふさがってしまうために起こります。
  • 脳塞栓
    脳以外の血管壁にできた血栓の一部がはがれて脳に流れていき、脳の動脈が詰まってしまうために起こります。

破れる

  • 脳出血
    脳の細い動脈の弾力が管壁がもろくなり、破れしまいます。多くの場合原因で起こります。
  • くも膜下出血
    脳をつつむ軟膜と、くも膜の間にある動脈にこぶが破れて起こります。くも膜下出血を起こす人は、脳動脈が枝分かれする部分に生まれつき動脈瘤がある例が大半です。

脳卒中のリスクを高める食事

狭心症、心筋梗塞 動脈硬化の予防が最善策

血液の汚れが引き起こす動脈硬化。動脈硬化は心臓に大きな負担をかけます。血液循環の要だる心臓が動かなければ命を失う危険性もあるのです。

心臓自身の酸素不足が引き起こす病気

全身に血液を送る心臓自身も、血液がなければ働けません。そこで心臓には心臓の筋肉(心筋)に血液を送り込み、酸素や栄養素を供給している冠動脈があります。

この冠動脈の動脈硬化は、心臓病のもとになります。冠動脈の一部が狭くなり、血液の流れがわるくなることによって、心筋が一時的に酸素不足・栄養不足になる病気が「狭心症」です。

心筋への血流が悪化すると、締めつけられるような胸痛がみられます。胸痛は数分で治まることが多いのですが、「治まったから」と、放っておくのは危険です。

一方、血流が完全に途絶え、心筋細胞が死んでしまうのが「心筋梗塞」です。心筋梗塞は激しい胸痛で始まり、痛みが20分以上続きます。
命に危険がおよぶこともあるため、一刻も早く病院で手当てを受ける必要があります。心臓病を防ぐには、冠動脈の動脈硬化を防ぐのがいちばん効果的です。そのためにも動脈硬化を引き起こしやすい汚れた血液は放っておかず、きれいにすることが大切です。

戻れる狭心症、壊死する心筋梗塞

  1. 血管が狭まる
  2. 血流が減少したり、途絶える
  3. 心筋の酸素不足
  4. 血流機能からの回復
  5. 狭心症

胸が苦しい感じがない場合も

心筋の酸素不足を示す典型的な症状は、胸の中央部に感じる圧迫、締めつけられるような胸苦しさや、息が詰まるような苦しさ。でも、肩や腕、背中、みぞおち、あご、のど、歯などが最初に痛み、だしほか の 病気 と間 違 わ れ ることもよくあります 。お年寄りでは、痛みを感じにくくなっているため、気づかぬうちに病状が進んでいることもあります。

動脈効果を防ぐ食習慣 | 心臓病の基礎知識

動脈硬化 隠れた死亡原因ナンバーワン!

「こわい病気」といえばがんをイメージする人がが多いのではないでしょうか? たしかに、現在、日本人の死亡原因はがんが1位です。でも、じつは動脈硬化がもとになる病気で亡くなる人のほうが多いのです。

動脈硬化の前に、血液の状態の悪化あり

血管壁に血液中の汚れがたまり、血管の内腔が狭くなって血液が流れにくくなる状態…これが、太い動脈に起こる動脈硬化の典型的な状態です。狭くなった血管に、血栓(血のかたまり)などが詰まると、血流が途絶え、心臓や脳などに致命的なダメージを与えるおそれがあります。

がんで命を落とす人より、動脈硬化がもとになる病気で亡くなる人のほうが多い現状から考えると、じつは動脈硬化こそ、隠れた死亡原因のナンバーワンといえます。

動脈硬化がこわいのは、自覚症状がないままに進行し、ある日突然、心筋梗塞や脳卒中など、命にかかわる病気を引き起こすから。

でも、血管の変化の前には、血液の状態の悪化があります。血液検査で、血管の内膜を傷つける糖尿病の心配はないか、高血圧ではないか、血管壁にたまりやすい悪玉コレステロール(LDL)の数値はどうか、チェックしておきましょう。

検査数値に異常はなくても、末梢血液評価で、血液中の汚れが多くみられる人は要注意です。

活性酸素は万病のもと

動脈硬化の真の悪玉は、酸化したLDL 。この「酸化」の原因になる活性酸素は、酸素が凶暴な性質に変わったものです。酸素をエネルギー源として使うときに生じるだけでなく、喫煙や激しい運動などによっても、体内に増加していきます。細胞やDNA(遺伝子)を傷つけるため、老化や、さまざまな病気、がんの発生にも関連していると考えられています。

活性酸素や病気、そして糖尿病の合併症の原因にもなっている元凶物質は「AGE」です。終末糖化産物と呼ばれる物質です。
このAGEを取り除くために「純炭粉末 きよら」が有効です。

「汚れ」+「活性酸素」= 動脈硬化に!

心臓や脳の太い血管に起こりやすいのは、アテローム性動脈硬化症です。アテロームとは、コレステロールが血管壁の内膜にたまって、ドロドロのかたまりになったもの。その進み方をみてみましょう。

  1. コレステロールの侵入
    高血圧や糖尿病などの病気や喫煙によって、太い動脈の血管の内膜に傷がつくと、傷から悪玉コレステロール(LDL)が入り込む
  2. マクロファージが働き出す
    活性酸素の働きでLDLが酸化し、酸化LDLになる。すると、酸化LDLをマクロファージ(白血球の単球が変化した細胞)が取り込む
  3. 粥状のかたまりに
    取り込みがいっぱいになると、マクロファージが血管の内膜にたまりドロドロの粥状のかたまりになる。
  4. 血栓ができて、ますます狭まる
    かたまりが大きくなり、内膜の壁を持ち上げて表面が傷つく。傷を治すために血小板が集まってきて血栓(血液のかたまり)ができ、ますます血管は狭まる