ダイエットの成功も血液にかかっている

「この頃、体重が増えている」「全然、やせない」とお悩みのあなた。あなたの血液、栄養過剰のドロドロ血液かもしれません。

太る!その仲介役は血液

太る理由は単純です。それは、からだには「あまったものはためておく」というしくみがあるからの他なりません。食べものから得た栄養のうち、すぐにエネルギーとして消費されるもの以外は中性脂肪に変わり、皮下の脂肪細胞や肝臓にたくわえられます。

食事ができない、激しい運動などでエネルギーが不足しそう、といった緊急時に備えているのです。でも、現代の生活では、こうした緊急事態より、食べすぎや運動不足などによるエネルギー過多のほうが問題。中性脂肪がどんどんたまれば、当然太ってしまうのです。

ここで着目したいのは「すぐにエネルギーとして消費されるもの以外のよぶんな栄養」という点。過剰な栄養分を脂肪細胞に運ぶのは血液です。

運ぶものが多ければ流れも滞りがち。血液はドロドロ、ネバネバしてきます。それを解消するために、よぶんな栄養分を脂肪組織が保管しておくわけです。

つまり、脂肪細胞を動員して「きれい」にしなければならないような血液の状態では、いつまでたっても肥満は解消されない、といえるのです。

断食の有効性

「ダイエットに有効」「血液をきれいにする」などといったうたい文句に誘われて、「断食しようかな」…なんて考えている人はいませんか?

確かに、食べなければ、血液によぶんな栄養が入り込むことはないし、たくわえを取りくずすしかないので、やせるでしょう。しかし、断食はおすすめできません。
というのも、食べなければ、ビタミンやミネラルといった体内でつくりおきできない栄養素が、絶対的に不足してしまうから。体重は減っても健康はそこなわれるという、こまった事態が起こる危険が大きいのです。

ドロドロ血液は肥満のもと

  1. 甘い物や脂っこいものををたくさん食べる
  2. 血液中の栄養分が過剰になりドロドロ度アップ
  3. 脂肪組織に余分な栄養を蓄えてしまう(皮下だけでなく内臓の周囲の脂肪組織も膨らんでいく)
  4. 肥満(脂肪組織が膨らんで肥満状態になる)

きれいな血液、元気を手に入れる

きれいな血液をつくることで、健康状態はアップします。もちろん、外見の印象だって、ぐっとアップ。「きれい」も「元気」も、からだの内側から変えていくことが大事です。

血液をきれいにする生活で体調もよくなる

からだ全体に流れている血液。その血液に汚れが多ければ、必要な栄養や酸素などが届きにくくなったり、汚れが悪さをしはじめて、全身に影響が現れてきます。

逆に、からだのどこかに不調があると、その不調が血液を汚し、状態をわるくしてしまうこともあります。汚れた血液と不調の間で、悪循環が生じてしまうのです。体調がすぐれないと感じているときは、あなたの血液にも、なにか問題が生じているはずです。

現れている症状だけに目を向けているのでは、問題は解消しにくいでしょう。血液の状態を改善する、つまり、きれいな血液にすそじることで、不快症状が出やすい素地をなくしておくことが必要です。

血液をきれいにする生活を続けていると、さまざまな不快症状に悩まされることも減ってくるはずです。体調がよくなれば、血液をきれいな状態に維持しやすくなってきます。きれいな血液と、「きれい」「元気」の間には、悪循環ならぬ「好循環」が生まれてくるのです。

血液を入れかえる治療もある

汚れた血液を、きれいな血液に入れかえてしまうそんな治療もあります。肝臓や腎臓などの病気で、血液の汚れが進んでいるときにおこなわれる「血漿交換療法」です。
血液を体外に出して病的な血策を取り除き、かわりにきれいな血祭を戻すという方法です。もっとも、これはあくまでも病気の治療法のひとつです。ふつうは日々の生活のなかできれいな血液にしていくことで、体調は改善します。

血液の流れ

全身の細胞が血液の到着をつねにまちわびています。そこで強力なポンプ、心臓を起点に、血液は全身を駆けめぐつているわけ。血液がたどる旅路を、ここでみてみましょう。

血液の流れには2通りある

健康な成人では、ドキンという1回の拍動で心臓から70~80mlの血液が送り出されています。血液がたどる旅路には、全身をめぐって栄養と酸素を運び、ニ酸化炭素を受け取って心臓に戻ってくる「大循環」と、肺へ送られて酸素をもらい、きれいになって再び心臓に戻ってくる「小循環」、2つのコースがあります。
心臓から送り出された血液が通る血管が「動脈」、心臓へと戻つてくる血液が通る血管が「静脈」です。

大循環のスタートは心臓の左心室から。まず大動脈へと送り出された血液は、大動脈から枝分かれした小動脈、大動脈小静脈細動脈、さらには毛細小動脈血管を通り、からだのきすみずみまで行きわたります。各所で二酸化炭素を受け取った血液は、細静脈、小静脈、大静脈を経て、心臓の右心房へ戻ってきます。

全身をめぐり右心房に戻ってきた血液は、右心室から肺動脈を通つて肺へ送られます。肺毛細管で二酸化炭素を酸素と交換した血液は、肺静脈を通つて心臓の左心房へ流れていき、そこから左心室へ0そして、再び大循環コースをたどりはじめます。ちなみに、小循環コースでは、動脈を通るのは二酸化炭素の多い「静脈血」、静脈を通るのは酸素の多い「動脈血」です。