気づかないうちに老化がすすむ血管

「人間は血管から老いる」といわれますますます。血液が汚れた状態が続けば血管の老化は進んでいくことになります。

汚れた血液は血管の老化を進めていく

血液のスムーズな流れには、血管のしなやかさが必要です。動脈がぎゅっと縮んだり、広がったりすることで、血液の流れは調整されているからです。

しかし、加齢とともに血管の弾力性は失われていきます。食生活の乱れや運動不足、喫煙、過剰なストレス、肥満、高血圧、高血糖などで血液が汚れた状態が続くと、実年齢以上に血管は老化していきます。

血管が老化した状態のひとつが動脈硬化です。太い動脈の壁に血液中のあまったコレステロールなどがたまり、血液が流れにくくなるのです。

細い動脈の場合は動脈壁が全体的に厚くかたくなっていきます。逆に、血管の材料になるコレステロールが少なすぎれば、破れやすい状態にになります。
総コレステロールや悪玉コレステロールを自然素材で下げる「コレステ生活」

これもまた、血管が老化した状態といえます。血管の老化は、気づかぬうちに始まっています。老化防止に大事なのは血液の状態をよくすること。こまった事態が起こる前に、血液をきれいにしておきましょう。
普段の暮らしで「血液の汚れ」サインがでているかもしれません

子供のうちからきれいな血液を維持する

しなやかで丈夫な血管は、材料が十分になければできません。血管をつくる材料はたんばく質や脂質です。脂質の一種、コレステロールも、血管にとってなくてはならない材料のひとつなのです。
とくに成長期の栄養不良は、のちのちまで影響します。子どもにこそ、しっかりバランスのとれた食事をさせてあげてください。もちろん、必要な材料も、とりすぎれば血液・血管を汚すもとになるのは子どもも大人も同じです。

ファストフード、菓子類などのとりすぎで、若いうちから血管だけがどんどん老化してしまう、なんてことも。きれいな血液・血管づくりは、老若男女に共通する課題です。
ドロドロ血液を防ぐ生活習慣・食習慣

老いるというのはしなやかを失うこと

血管の老いを進める要因は、血液の汚れをまねくもとでもあります。血管の汚れ、血管の老化はさまざまな病気のもとになってしまいます。

  • 高血圧
  • 喫煙
  • 肥満
  • ストレス
  • 高血糖
  • 運動不足
  • 加齢

ここにプラスして過剰なコレステロールや逆にコレステロール不足が重なると狭くなって詰まりやすくなったり、破裂しやすくなります。

血液の通り道である血管について

血液と切っても切れない関係にあるのが血液の通り道である血管です。
血管のネットワークなくして血液を体のすみずみに届けることはできないのですから。

血管を全部つなげば地球2周分の長さににもなる

血液を全身に滞りなく循環させるパイプラインの役目を果たすものそれが血管です。毛細血管まで入れたすべての血管をつないで一本にしたら、なんと地球を二周りするほどの長さになるといわれています。それだけ長い道のりを旅するには、ドロドロと汚れた血液より、サラサラと流れやすい、きれいな状態の血液のほうが、ずっとスムーズにいくのは当然ですね。

血管は、たんばく質や脂質などからつくられています。増えすぎれば汚れの原因になるコレステロールも、血管の壁をつくる大事な成分のひとつです。からだの部位によって、太さや厚さはさまざまですが、血液に接する内側から、内膜、中膜、外膜と並ぶ、三層構造が基本です。

動脈では、内膜をつくっているのは敷石状に並んだ内皮細胞。中膜は弾力性があって伸び縮みする筋肉組織からできています。
いちばん外側の外膜は、線維のまじった丈夫な組織で、そこには血管の収縮を調整する交感神経と、血管に栄養を送る栄養血管が入ってきています。

全身のネットワーク

心臓から送り出された新鮮な血液を運ぶ動脈。こ太い動脈から、からだのすみずみに走る毛細管へと枝分かれして心臓を起点とする一大ネットワークになっているのです。

「腎臓」血液成分のチェック

血液の汚れを濾過する臓器

尿と血液は非常に深い関係で切っても切れない関係にあります。というのも尿のもとは血液だからです。
尿には血液中の老廃物を取り除くという大事な役割があります。
おしっこが出るから血液はきれいでいられるというわけです。
その尿をつくる体の下水処理工場的菜役割が腎臓です。

腎臓は細い動脈が絡み合った糸球体と呼ばれる濾過数値が数多くあります。
血液はこの糸球体で濾過され、老廃物が尿のもと「原尿」になります。
もちろん尿として排泄される量は原尿よりずっと多くなります。というのも原尿が糸球体に続く尿細管を流れていく間に水分とそこに溶けている物質の一部が血液のほうに再び吸収されるからです。
実際の尿量は、原尿の100分の1程度、通常は1日に1.5リットルくらいです。

腎臓にはつねにたくさんの血液が入ってきます。その量は心臓が1回の拍動で全身に送り出す血液量の4分の1にあたります。それだけ、血液の影響を受けやすい臓器なのです。

尿量は減りすぎても増えすぎても血液を汚す

排泄する尿の量は、水分をとる量や体質によって違いがあります。しかし、「工場」の腎臓や、処理する血液を送り込む心臓などにlなんらかの障害が起こると、排泄される尿量が減ったり、増えたりすることがあります。尿の量が減ると、血液中の老廃物の排泄がしっかりできなくなって血液の汚れも増加します。逆に出過ぎは血液中の水分が減り、ドロドロに。いずれにせよ血液にとって好ましくない状態なので注意します。