β-グルカン キノコに多い注目の成分

キノコは、食物繊維が豊富で超低カロリー、肥満を解消するのにもってこいの食品。でも、そればかりではありません。血液をきれいにしてくれる効果も高いのです。

活性酸素の発生を抑え、からだのサビを防ぐ

最近、脚光を浴びている食品にキノコ類があります。ダイエットにいい、なんてことばかりではありません。アガリクス、メシマコブなど、免疫力を高め、がんの治療に役立つと期待されるものも続々と登場しています。

キノコ類に注目が集まる理由のひとつに、β-グルカンという成分があります。これはキノコ類にたくさん含まれている多糖類の一種。免疫機能をアップさせる効果があるとともに、からだのサビをまねく活性酸素の発生を抑える働きがあります。

活性酸素は、動脈硬化ができる要因のひとつ。細胞の遺伝子を傷つけ、がんを発生させるおそれもある危険な存在です。この活性酸素退治に働いてくれる成分のひとつがβーグルカンなのです。そればかりか、血糖値を下げたり、血圧を正常にする効果も期待されています。キノコ類は種類が多く、和食をはじめ、中華料理や洋食にもピッタリの食材です。毎日の食卓に登場させたいですね。

摂取量

1日のなかで、キノコを使った料理を1品、加えるようにすれば十分にとれます。

キノコ類は種類も豊富、プラスアルファの効能も期待大

いろいろなタイプのものをとるようにしましょう。いずれにも共通する、βーグルカンがとれると同時に、それぞれのキノコ特有の有効成分も摂取でき、より高い効能が期待できます。

シイタケには、コレステロールを体外に排出し、動脈硬化を予防する働きをもつ成分、エリタデニンが、マイタケには、血糖値の上昇を防ぐマイタケX - プラクションという成分が含まれている。

水洗いはさっと汁もが最適

βーグルカンは、水に溶ける性質をもっているので、キノコ類の水洗いはゴミをサッと落とす程度にとどめるのが大事。また、キノコの有効成分をムタなくとるには、たっぶりの野菜といっしょにキノコ鍋、キノコスープなど、成分が溶けだした汁も飲める汁ものが最適です。天ぶらにしても、焼いても炒めてもおいしく食べられます。
ハナビラタケ増強食は、βグルカンの量がアガリクスの3~5倍もある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください