ビタミン、ミネラルが足りない

ミトコンドリアの工場は膨大なエネルギーを生み出せますが、その工程は非常に複雑です。うまく稼働させていくためには注意点もありますし、工場のメンテナンスもしていかなくてはなりません。つまり、ただ何でもいいから食べて、呼吸していればミトコンドリア工場をフル稼働させられるわけではないということ。

では、何がポイントなのか?ミトコンドリアの主なエネルギー源、炭水化物や脂質をエネルギーに変えるには、植物に含まれる「ビタミン」「ミネラル」「ファイトケミカル」などの「微量栄養素」が欠かせないのです。
日本人の主食、コメの場合は、コメの主成分は糖質(炭水化物) で、この糖質は、腸でブドウ糖に分解されて取り込まれます。その取り込んだブドウ糖をミトコンドリアでエネルギーに変えるには、工場のスタツフとしてビタミンB1が必要です。
ビタミンB1についてはこちら

ところが、コメは精製して白米にするとビタミンBlが取り除かれてしまいますから、ミトコンドリア工場は稼働しません。だから白米だけをガツガツ食べていたら、「解糖系」しか利用できないのです。スイーツも同様です。
砂糖も小麦粉も精製されていて、お菓子やケーキにはビタミンB1はほとんど含まれていません。甘いものを食べるとすぐに元気になれるのは、糖を分解するだけでエネルギーが作れる「解糖系」が利用されるからです。ただ、少量のエネルギーしか生み出せないため、すぐにお腹が減ってしまうのです。

要するに、小さな工場「解糖系」だけでエネルギーを生み出そうとするかぎり、餓鬼のようにガツガツと食べ続けなくてはならないのです。でもこれでは体に負担がかかりますし、結果的に心に余裕も生まれません。

よく知られているのは、「血糖値」との関係でしょう。精製した糖は小腸から一気に吸収されるため、血糖値が一気に上がり、これが日常的に繰り返されると血管に負担がかかってボロボロになっていきます。血中の糖を細胞に届けるには、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンが必要であり、高血糖状態が慢性的に続けば、インスリンの分泌も過剰になり、やがて、すい臓にも負担がかかってきます。

こう見ていくと、糖尿病と呼ばれる病気や、その延長上にあるメタポリックシンドロームは、「解楯系の使いすぎ」に問題があると見えてきます。逆に言えば、ミトコンドリアさえしっかり働いていれば、血液中の糖も十分に活用することができるということです。そうなれば結果的に代謝が上がるため、肥満やメタボの問題が改善されやすくなるわけです。代謝が盛んな若いころは、すばやくエネルギーが生み出せる「解塘系」にある程度はたよっても問題ありませんが、年を取って代謝が落ちてきたら、エネルギー効率のいいミトコンドリアの工場を稼働させたはうが、体に負担はかかりません。それが健康長寿のカギと言えるのです。

疲れ知らずのタフな体

ミトコンドリアの工場の規模が大きいのは、酸素処理の工程が複雑であることに加え、利用している原料の違いなども大きく関係しています。糖のほか、タンパク質や脂質など、細胞に取り込んだ栄養素をすべてエネルギーに変えられる高度な処理機能を持つからです。

まず、ミトコンドリアに取り込まれた栄養素は「TCA回路」という渦のなかをグルグルと回り、様々な種類の有機酸に変化する過程で、水素を含んだ「NADH」という物質が取り出されます。このNADHが次の「電子伝達系」に運ばれると、電子が取り出され、5つほどある関所(複合体Ⅰ~Ⅴ)に次々と伝達されていきます。

食べ物に含まれていた水素は、この電子が伝達される過程でようやく放出され、細胞の内部に蓄積されます。別経路で運ばれてきた「酸素」が水素と結びついて水に変化するのは、この電子伝達系の最後の局面です。こうして懸案だった酸素処理がすんだあと、たまった水素を利用することでエネルギーが生み出されます。

ミトコンドリアではこうした複雑なプロセスを経て、解糖系で生み出されるエネルギーの、じつに18倍ものエネルギーが生産されます。エネルギーは、ATP(アデノシン三リン酸) という電池に蓄えられ、必要に応じて消費されていきますが、解糖系は3個の電池(3分子)しかエネルギーが生み出せないのに対し、ミトコンドリアが生み出す電池はじつに36個(36分子)しかもミトコンドリア工場は、1つの細胞のなかにかなりの数が存在しています。
平均300個、場所によっては数千にも及びます。要するに、ミトコンドリア七合体することで細胞そのもの、生命そのものが飛躍的に進化したわけです。私たちの体を構成する細胞内では、解糖系という「小さなエネルギーを生み出す工場」と、ミトコンドリアという「大きなエネルギーを生み出す工場」の、規模の異なる2つの工場が動き続けていますが、莫大な活力が生み出せるのは、ミトコンドリアのほうです。

そう、このミトコンドリア工場をしっかり賢く活用すれば、飛躍的にエネルギー代謝がアップするのです。そうなれば、たくさん食べなくても長時間動けるスタミナがつき、疲れない体に変わり、よりエネルギッシュに生きていけます。

すると、心にも余裕が生まれ、集中力だって、思考力だって増すでしょう。逆に、ミトコンドリアがうまく使えないと、せっかく摂取した栄養素がうまく活用できないため、疲れやすく、すぐにスタミナがなくなり、糖尿病をはじめとする生活習慣病やメタポリックシンドロームなどになるリスクが高まります。こうしたすばらしいミトコンドリア大工場を、十分に使いこなせているでしょうか?
じっはそれを叶える秘訣も、「植物の食べ方」にあるのです。

代謝のいい人、悪い人

こうして人とミトコンドリアとの共生が始まったのですが、どうしても欠かせない酸素の処理は決して容易なことではありません。酸素の生き物を酸化させて、死にいたらしめてしまう超猛毒を安全なエネルギーに代えるためには、かなり高度で複雑な技術が要求されます。いったいどう処理しているのでしょう?

ポイントは、水素と結びつくことで水に変化する酸素の性質です。酸素を水素と結合させて、水に変化させてしまえば、もはや酸化の害の心配はありません。つまり、ミトコンドリアは、細胞に運ばれてきた食べ物の栄養素を細かく分解していって「水素」を取り出し、酸素と結合させて無毒化させていたのです。食べ物の栄養素から「水素」を取り出すことにピンとこないかもしれませんが、この世の生き物は基本的に「水素・酸素・炭素・窒素」の4つの元素を材料にして体を作っています。

つまり、この世のどんな食べ物にも必ず「水素」は含まれているのです。たとえば、炭水化物は小腸でブドウ糖に分解されますが、ブドウ糖は、炭素・酸素・水素からできています。ちゃんと水素が含まれていますが、小腸などの消化管で分解できるのは分子レベルまでであり、これをさらに細かい元素レベルにまで分解することはできません。

そこから水素を取り出すのは、非常に困難です。そのため、ミトコンドリアを取り込む以前の原始細胞は、この難しい仕事には一切タッチせず、もっとシンプルに、摂取した有機物(ブドウ糖)を分解することで活動エネルギーに変えていました。この糖からエネルギーを生み出す行程は「解糖系」と呼ばれ、いまでも私たちの細胞のひひとつひとつに備わっています。解糖系工場で作られるエネルギーは、糖が分割される際に出るもので、それほどの量はありません。せいぜい細胞分裂できるくらいの量です。すぐにエネルギーが生み出せますから、瞬発力が必要な場面ではこのエネルギーが有効ですが、長期的に使い続けると体の各部に負担がかかり、故障(病気になるということ)が生じやすくなります。進化して大型化した生物が、ダイナミックな活動を維持するだけの大きなエネルギーを得るには、「ミトコンドリア工場」をフル稼働させる必要があるのです。
では、ミトコンドリア工場は、どうやってエネルギーを作っているのでしょうか?