便は毎日出ているのになんとなく調子がいまひとつ(肌あれ、ぽっこりお腹…)

朝食もちゃんと食べて、毎朝、トイレにも行っているのに、なんとなくおなかが張る。ゴハンを食べると、下腹がポッコリ出っばってしまう。肌が乾燥したり吹き出物ができたりと、調子がいまひとつ。ダイエット中なのに体重が減る様子はなし。むくみやすくて、夕方には脚がパンパンに。1つでもあてはまるのなら腸は、機能が衰えた停滞腸の可能性大です。

腸が正常に機能しないことを停滞腸という

健康な腸の場合、腸自身が蠕動運動しながら、食べ物を消化吸収し、その残りカスをゴミ(便)として体外に押し出す働きをリズミカルに行っています。これが、老化や病気などで腸の基本的な機能が衰えてくると、仕事を怠けるようになるのです。

腸しっかり働いていれば、排泄物も溜まらず、腸内も清潔に維持されます。でも停滞腸になると、外へ捨てられるべきゴミが、腸の中にぐずぐずと溜まるようになり、慢性的に腸内が不衛生になってしまうのです。不衛生になった停滞腸からは、有毒ガスをはじめ、多くの有害物質が生まれます。
できる限り早く体の外へ出したくても、停滞腸では蠕動運動が正常に行われずになかなか体外へ排出されません。溜まったガスは腸壁から吸収され血液を通って、各所の細胞へと移行し、最後、皮膚から出ていくのです。
これが肌荒れやむくみ、吹き出物になったりします。高いクリームや美容液では取り除けません。原因は、腸の衰退と自分のウンチ。腸をきちんと働かせ、腸内を清潔にすることでしか解決できないのです。

では、衰えた腸にどうやって活力を加え、腸内を清潔にさせればいいのか。それには腸が喜んで蠕動運動したくなるような物質を食べればいいのです。最近の若い女性は、1日2食のケースが多く、小さな生野菜サラダくらいで本人が思ってるほど野菜は食べていない。

これでは働きたくても腸はすることがなく怠けてしまうのも仕方ありません。だからきちんと1 3食、肉中心ではなく野菜中心の食事がいいでしょう。こうした食習慣を続けていると、次第に腸が元気を取り戻します。これは江戸時代にブームだった食養生の教えに通じるもので、この場合、腸を食べもので養生するのですから食養腸となります。

自分の腸を食べ物で元気にし、体の毒を便して排出する。食養腸することが、つやピカ肌とスリムを手に入れる唯一の方法というわけです。

イサゴールで溜まってしまった便を排出

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です