Home

動物性食品 腸内環境 を悪化させる要因となる

動物性食品 腸内環境 を悪化させる要因となる点についてです。現代人の食習慣は、食べ過ぎ傾向にあり、なおかつ動物性食品の摂取過多が問題となっています。日本人の DNA は基本的に動物性食品 消化 → 排泄 という仕組みがうまく機能しなことがわかってきました。お肉などの動物性食品を食べ過ぎた翌日に吹き出物がでてしまう人も多いはずです。これがいわゆる細胞のゴミ化してしまう原因と考えられます。

動物性食品 腸内環境 によくないことは内視鏡検査をすれば明か

動物性食品 腸内環境
動物性食品 腸内環境

戦後、飢餓から脱し豊かになったはずの現代人が、なぜこうも体調不良や慢性疲労、意欲の減退に悩まされているのか、もっといえば、生命力を衰えさせてしまったのか、その理由は、食べ過ぎや動物性食品の過剰摂取です。これまでは、私たちは少々「食べすぎ」状態ですが、現在は、かなり食べ過ぎです。

飽食が日常化することによって、細胞内リサイクル工場が活性化し、若返り酵素がフル活動する機会を、じつは自ら奪ってしまっている。そこに健康を害している大きな問題があることが理解できるはずです。

つまり、イキイキと生活していくうえで大事なことは、いかに食べるか(栄養補給するか) ではなく、いかに食べないか(デトックスするか)。そこに大きなカギが隠されていることに気づかされるはずです。

これまでの栄養学では、必要なカロリーや栄養素の確保を重視するあまり、食べないことの価値についてはほとんど考察してきませんでした。しかも、食べる物の内容についても、体内に老廃物= ゴミがたまりやすい動物性食品(肉類や牛乳・乳製品) の摂取が中心にすえられてきました。

しかし、動物性食品は食物繊維がまったく含まれず、しかも高脂肪であるため消化がとても悪いのが第一の特徴です。

つまり、たっぶりと摂取しても、そのすべてがエネルギーに変換されるわけではありません。それどころか、食べすぎれば腸内にゴミをためる原因にもなり、腸内環境を悪化させ、血液を汚し、さらにめぐりめぐって細胞の働きを低下させることにもつながってしまいます。

これは内視鏡で確認すれば一目瞭然のことです。そう考えれば、食べすぎないことに加え、動物性食品に頼りすぎない適切な栄養補給の必要性も出てくるでしょう。要は、現代人の食事は量の面も質の面もともに、勝と細胞を疲弊させ、その働きを低下させる要素がとても強いといえるのです。

これまでいいとされてきた「常識」をいったん白紙にしないかぎり、細胞の元気を取り戻すことなどできないことを知るべきでしょう。逆にいえば、このポイントさえつかむことができれば、私たちは年齢に関わりなく、元気で快適な生活を送ることができるはず。私は皆さんに、こうした「若返り生活」をぜひ体験してほしいと思っているのです。

便秘解消のための腸浄化

16種類もの乳酸菌がサポートする 「 乳酸菌革命プレミアム

食物繊維と乳酸菌が腸のはたらきを良くする

腸の不調が全身の不調を招いている

食事をして私たちが食べたものは、食道を通って胃に入り消化されたあと、小腸で栄養分が吸収され、大腸で不要な老廃物や毒素が便となってつくられ体外へ排出されています。

このように、腸は、私たちが健康に生きていくためにとても重要な器官です。腸の中に便という老廃物が溜まったままで、何日間も便が出ない状態が便秘です。そして、そんな状態が長く続けば続くほど腸内が腐敗し、毒素が吸収されてしまっているので、肌あれ、頭痛や肩こりなど、体のいろいろな部分に症状が出るようになります。代謝が落ちるので、太りやすくもなります。

また、肉体だけでなく精神的にイライラすることが増えたりもしてさまざまな支障をきたすので、たかが便秘くらいと放っておくのは、とても危険なことなのです。

しかし、便秘は、毎日の食生活を見直したり、運動をおこなったりすることで、ほとんどは改善させることができます。健康な体を保つために、意識して腸に必要な栄養成分を取り入れたり、体を動かしたりしましょう。

食物繊維と乳酸菌は便秘改善に効果的な栄養素

腸のはたらきを促進させるために欠かせないものといえば、まず食物繊維があげられます。体内では食物繊維を消化できないため、腸内の汚れをからめ取りながら、繊維質は体外に排出されます。

ペクチンやアルギン酸などの水溶性食物繊維は、りんごや柑橘類といった果物、わかめ・こんぶなどの海藻類に多く含まれていて、水分を多く含むため、便をやわらかくしたり、また、出しやすくしてくれます。

一方のセルロースなどの不溶性食物繊維は、ごぼうなどの根菜やかぼちゃ、いも類にも多く含まれていて、こちらは便の量を増やし、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を促します。

このように食物繊維には、水溶性と不溶性のふたつの種類がありますが、両方をバランス良く摂取するのがいいといわれています。

そして、もうひとつの大切な成分が乳酸菌です。腸内には、免疫力を上げて病気などから体を守る善玉菌や、腸内を腐敗させ便秘や下痢を引き起こす悪玉菌などが存在しています。乳酸菌は善玉菌の代表で、ヨーグルト、漬け物やキムチ、納豆などの発酵食品に多く含まれているので、こういった食品を積極的に摂るようにしましょう。

また、便通をスムーズにするためには、水分を摂ることも重要です。健康な人の場合には、1日に2リットルくらいの水分を摂取します。

普段から便秘がちで便秘薬を常用しているけれど、できれば便秘薬はのみたくないという人は、こちらで紹介されているフジッコの善玉菌のチカラ カスピ海ヨーグルトの乳酸菌カプセルのような食品を摂取することで、腸がまた蠕動運動(ぜんどううんどう)を再開できるかもしれません。カスピ海ヨーグルトに含まれる乳酸菌クレモリス菌FC株が生きて大腸まで届き、便通を改善します。

お酒の飲み方

腸とアルコールの関係について気になっている方お多いかもしれません。お酒のいい面は、百薬の長といわれるように、適量なら問題ありません。

次にデメリットですが、まずアルコールは、肝臓にダメージを与え、同時に消化器系にも様々な影響をもたらします。例えば、お酒を飲みすぎますと、胃が荒れ、時には胃壁が壊れ吐血することもあります。

また飲酒後に強く嘔吐したりすると、「マロリーワイス症候群」という食道と胃の境目の亀裂から出血することがあります。またアルコールは、口腔がん、咽頭がん、食道がんのリスクも高めます。

お酒をよく飲む人、あるいは飲み屋などで働いている人が食道ガン、咽頭ガン、喉頭ガンになったという話も耳にします。咽頭ガン、喉頭ガン、食道ガンなどの死亡率を調べると、飲酒しない人の10万人あたりの死亡率は15人弱です。週2、3回、ビールを1杯飲む人は20人前後の死亡率です。これが毎日4杯以上飲む人になると35人以上が死亡しており、死亡率は飲酒の量とともに増加しているのです。

アルコールは胃と小腸から吸収され、肝臓で代謝・分解されてアセトアルデヒドになり、最終的に解毒され、水と炭酸ガスになります。また腸の健康を中心に考えると、この中間物質であるアセトアルデヒドが、腸壁を刺激したり、細胞を傷つけることで、がんの発生率を高めるといわれています。

最近ははとんどの研究によってアルコールは、大腸がんの危険因子という結果が出ています。しかしそうはいっても、おつきあいや食事の楽しみの一部としてお酒を飲むことまで諦めるのはちょっと極端すぎるように思います。

お酒は適軍であれば、心身をリラックスさせる効果もあるので、適量を上手に飲めば腸にもいい影響を及ぼすでしょう。
腸のことを考えたらお酒の量と種類に注意を払って欲しいと思います。

例えば、ワインは、身体を温める作用に優れているといわれ、特に赤ワインはポリフェノールがたっぷりと含まれていて、様々な病気の原因になる活性酸素の中和に優れた役割を発揮します。

また活性酸素が原因で起こる動脈硬化、脳血栓、心臓病の予防のはか、がん予防にも期待が持たれています。また最近では、適量の赤ワインを飲んでいる人はアルツハイマー病の発症率が低いという琴告もあります。

しかしワインの適量はグラス1杯(125ml)と意識すること大前提です。お酒は、くれぐれも適量を守って飲むようにしてください。

アルコールの1日の適量の目安は、ビール500ml(中瓶1本)、日本酒180ml(1合)、焼酎、110ml度数25のもの)を目安にしてください。またアルコール度数と比例して発がん率がアップするというデータもありますので、注意してください。

自分がアルコール依存症かもしれない?という方はこちらでチェックしましょう。