タンパク質 大豆を活用しながら適量摂取を

たんばく質は血液や血管をつくる材料。欠乏すれば大問題。だからといって、とりすぎても血液を汚す原因に。過不足なくとることが大切です。

量はもちろん「なにからとるか」も大事

たんばく質は白血球の主成分。欠乏すると免疫力が低下してしまいます。赤血球にも影響が現れます。細胞膜がうまくつくれなくなるため、トゲトゲのあるかたい赤血球が増えてきます。

逆にとりすぎると赤血球同士がくっつきやすくなり、ビョーンと伸びたレモン型に。進行すれば赤血球がベタベタとつながりあい、流れにくさの原因になることさえあります。

過不足なくとること。これが、まず第一の課題です。それに加えて、「なにからとるか」にも注意を。たんばく源というと、ついつい、肉や魚、卵などの動物性食品にかたよりがちではないでしょうか。もちろん、こうした食品も必要ですが、植物性たんばく質の代表選手、大豆や大豆製品も忘れたくないところ。

大豆には、コレステロールの上昇を抑えるイソフラボンや、コレステロールの排泄を促し、血小板の凝集を防ぐ大豆サポニン、さらに、悪玉コレステロール(LDL )が血管壁にくっつかないように働くレシチンなど、血液をきれいに保つ成分がたっぷり含まれているからです。

摂取量

1日あたり、50~70g。多すぎれば血液の汚れをすすめる原因に。少なすぎると風邪をひゆやすくなっったり血行が悪くなります。

大豆の栄養を最大限にとりこむ豆もやし

肉、魚、卵、そして大豆製品、1日で全種類とるように習慣化する

たんばく質は、アミノ酸が集まってできたもの。アミノ酸には、人間の体内でつくることができず、どうしても食べものからとらなければならないものが9種類あります。これを「必須アミノ酸」とよんでいます。肉や魚、卵、大豆製品は、必須アミノ酸をバランスよく含む良質のたんばく源。
1日で全種類とるように心がけましょう。

常備食に納豆を!「ナットウキナーゼ」が血栓を溶かす

大豆をとるときは、納豆の活用がおすすめです。というのも、納豆には、大豆そのものがもつ成分に加え、発酵の過程でできるナットウキナーゼも含まれているから。
ナットウキナーゼには、血栓を溶かす強い作用があり、その効果は血栓治療に使う薬品にもひけをとらないほど。サラサラ血液には欠かせない存在といえます。
ナットウキナーゼの作用は約8時間続きます。夕食に納豆を食べるようにすれば、朝方、血液のネバネバ度が増して生じる血栓防止に効果的です。
ナットウキナーゼで血栓症を予防

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です